ペナンにある英国式スクールに行ってみた

設備、サポート、教授陣はどうなのか?

まずは設備の充実度に驚かされた。広い敷地内には、フルサイズのサッカー場、テニス、ネットボールコート、プール、グラウンド、ジム、500人収容のホール、寮などがゆったり配置されている。学校内の教室は科目ごとに分かれており、生徒は授業ごとに教室を移動しながら学習する。

マレーシアの学校に見られる傾向として、学費が高いほど、芸術やスポーツに力を入れる学校が増えるようだ。

芸術、スポーツ分野に力点

当校も同様だ。マレーシアでは珍しく、芸術やスポーツ分野に力を入れているほか、きめ細かい生徒へのサポートが充実している。

とくに芸術分野には力を入れている。アート系の授業を行う教室は広大で、3Dプリンターほか、数々の設備を設置。学校の各所は生徒の作品で彩られている。

教室や校内の至るところに生徒の作品が飾られる

音楽も盛んだ。500人収容の大きなホールを併設し、毎年7月には大規模な「スクールプロダクション」が行われ、ここ数年はずっと「美女と野獣」などのミュージカルを上演している。準備には半年かけ、メイクからオーケストラまで、すべて生徒たちが自分で行う。学校全体でひとつのものを作りあげる。

学校では生徒たちに楽器を習うことを奨励している。毎週火曜日にはランチコンサートが行われ、学生達が音楽を発表する場になっている。

「たとえば、学校になじめず苦労していたオーストラリア人生徒に、音楽教師がフルートを演奏することを勧めました。彼女は半年で火曜日のコンサートで演奏するまでに上達し、いまではそれが彼女が学校に来る大きなモチベーションになっています」

こう話してくれたのはマネジャーのエリシア・オン・イン・イーさん。

このようなきめ細かい対応を可能にしているのが、チューターと呼ばれる制度。すべての生徒にはチューターの先生が10人の生徒のグループを見る。毎週、自分のチューティ全員と会い、学校生活に問題がないかどうかをチェックする。

「チューターの先生は、自分の10人のチューティ全員に、授業についていけているか? トラブルを起こしていないか? 学校を楽しんでいるか? などということを毎週直接聞き、問題があれば補講をするなどして解決します。チューティの10人は小さな家族みたいなもので、一緒に食事をしたりしてコミュニケーションをとります」(エリシアさん)

次ページ課外活動ではどんなことをするのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。