ツイッターの対抗「スレッズ」を今すぐ楽しむ方法 2日で7000万登録、芸能人や有名人も続々参入

拡大
縮小
7月6日にサービスが始まったテキスト共有アプリ「Threads(スレッズ)」の使い方を解説します(画像:メタ)

メタが運営するテキスト共有アプリ「Threads(スレッズ)」が、2023年7月5日(アメリカ時間)にスタートしました。筆者も含めて、Threadsのリリースを楽しみにしていた人たちはびっくり。なぜなら、メタはInstagramでThreadsへのチケットを模した動画を配布しており、そこには7月6日23時(日本時間)と記されていたからです。実際には、6日の午前8時頃(日本時間)にThreadsが利用できるようになりました。

メタのマーク・ザッカーバーグCEOは、自身のThreadsにおいて、開始4時間で登録者数が500万人を突破したことを報告しました。その後も急速な勢いで登録者数は伸び、約2日間で7000万の登録者数に到達したことを発表しています。

この好調な発進は、Threadsへの期待値の高さだけではなく、気軽に始めやすく使いやすいサービスだからだと思います。「やってみたいけれどよくわからない」「まだ様子を見ている」という読者の方々のために、Threadsとはどんなサービスか、そして始め方をお伝えします。

ツイッターとの違いは?

Threadsは、テキストをメインにしたSNSです。Twitter対抗サービスと言われるだけあってTwitterによく似ており、テキスト、画像、動画などを共有して交流します。テキストは最長全角500文字、画像と動画はあわせて10個、動画は最長5分まで投稿できます。自分の投稿に「返信」して、投稿を連ねることもできます。

投稿にはいいねや「返信」で反応できます。TwitterのRT(リツイート)にあたる「再投稿」、引用RTにあたる「引用」も用意されています。

次ページ開始にはインスタのアカウントが必要
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT