ソニー「急回復シナリオ」は課題がいっぱい

5000億円投資で新しい収益柱は育つか

実際、足元では逆風も吹きつける。為替変動の影響だ。ソニーではこれまで1円円安になると、対米ドルで30億円の減益、対ユーロで60億円の増益効果があった。しかし、ドルの調達費用増加などで、現在は対米ドルで70億円減益、対ユーロで50億円の増益へと悪化。結果的に、年間約1500億円もの減益要因が生じると弾く。

平井一夫社長が就任時に掲げた2014年度までの中期計画が未達に終わったソニーは、今年から出直しの新計画を掲げている。目指すは2017年度に営業利益5000億円以上、ROE(株主持分利益率)10%以上。為替の逆風が吹く中、達成への道のりは平坦とは言えない状況だ。

総額5000億円以上を投資

そうしたなか、吉田CFOが決算会見で強調したのは、投資への積極姿勢だった。「今年は平井(一夫社長)による第2次中期計画の初年度。達成に向け、投資の年という位置づけだ」(吉田CFO)。

ソニーが投資対象として着目するのが、「リカーリング」(継続課金)型のビジネスだ。従来のような製品の売り切り型ではなく、顧客から継続的に収益を上げる事業モデルになる。

テレビ事業も11年ぶりに黒字化した(写真は2013年の製品発表会、撮影:梅谷秀司)

一例が、稼ぎ頭のイメージセンサー。ソニーのセンサーは高機能で代替品が少ないため、スマホの機種変更の際も、継続的に採用されるケースが多い。

「そのほかにも、定額制サービスの『プレイステーションプラス』や、音楽の版権ビジネス、高機能デジカメの交換レンズなども、リカーリングのビジネス。今後これらの分野に積極的に投資していく」(ソニー幹部)。

設備投資などのハード面と、版権取得やネットワークサービス構築といったソフト面を合わせて、前期比2倍以上の5010億円の投資を見込んでいる。

もくろみどおりに花を咲かせ、構造改革を経たソニーの収益柱に育てられるのだろうか。平井社長にとっては、もう失敗が許されない2度目の中計挑戦となる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。