越前敏弥の日本人なら必ず悪訳する英文 越前敏弥著

越前敏弥の日本人なら必ず悪訳する英文 越前敏弥著

「逃亡中の犯人はジェフリーズという男らしい。彼を殺してやりたい」。この訳文には、日本語として不自然なところがある。答えは「彼」。殺したいほど憎い相手なら「そいつ」「やつ」などのほうが自然というわけだ。『ダ・ヴィンチ・コード』の翻訳で知られる著者は、翻訳とは「原著者が仮に日本語を知っていたら、そう書くにちがいないような日本語にすること」だとする。より自然な訳文を目指すには、極端な話、小説では代名詞を一つも使わないで訳すよう心掛けるぐらいでちょうどいいのだそうだ。

原著者の意図を酌み、それを正確に表現するために翻訳者はどんな努力をしているのか。実際の英文を例に挙げながら翻訳の奥深さを語る。

ディスカヴァー携書 1050円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT