越前敏弥の日本人なら必ず悪訳する英文 越前敏弥著

越前敏弥の日本人なら必ず悪訳する英文 越前敏弥著

「逃亡中の犯人はジェフリーズという男らしい。彼を殺してやりたい」。この訳文には、日本語として不自然なところがある。答えは「彼」。殺したいほど憎い相手なら「そいつ」「やつ」などのほうが自然というわけだ。『ダ・ヴィンチ・コード』の翻訳で知られる著者は、翻訳とは「原著者が仮に日本語を知っていたら、そう書くにちがいないような日本語にすること」だとする。より自然な訳文を目指すには、極端な話、小説では代名詞を一つも使わないで訳すよう心掛けるぐらいでちょうどいいのだそうだ。

原著者の意図を酌み、それを正確に表現するために翻訳者はどんな努力をしているのか。実際の英文を例に挙げながら翻訳の奥深さを語る。

ディスカヴァー携書 1050円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。