越前敏弥の日本人なら必ず悪訳する英文 越前敏弥著

越前敏弥の日本人なら必ず悪訳する英文 越前敏弥著

「逃亡中の犯人はジェフリーズという男らしい。彼を殺してやりたい」。この訳文には、日本語として不自然なところがある。答えは「彼」。殺したいほど憎い相手なら「そいつ」「やつ」などのほうが自然というわけだ。『ダ・ヴィンチ・コード』の翻訳で知られる著者は、翻訳とは「原著者が仮に日本語を知っていたら、そう書くにちがいないような日本語にすること」だとする。より自然な訳文を目指すには、極端な話、小説では代名詞を一つも使わないで訳すよう心掛けるぐらいでちょうどいいのだそうだ。

原著者の意図を酌み、それを正確に表現するために翻訳者はどんな努力をしているのか。実際の英文を例に挙げながら翻訳の奥深さを語る。

ディスカヴァー携書 1050円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT