「いきなり!ステーキ」は"非常識の塊"だった

炭水化物抜きダイエットで女性も虜に

カロリーの計算をしてみると、輸入リブロースステーキ300グラムは789キロカロリーと、1食分にしてはかなりのボリューム。デスクワークの20〜40代女性であれば、1日の必要摂取カロリーのおよそ半分に相当する。

前菜や付け合わせなどを食べる必要がないため、肉だけに食欲を集中させられることも、それだけの量を平らげられる理由の一つだろう。300グラムどころか、800グラム、1キログラムなどと注文する客もいるという。

そうなると、いくらリーズナブルな肉とは言え、1回で5000〜6000円はかかってしまう。そうした客のためもあって、同店ではポイントをためる「マイレージカード」制を2014年7月から導入している。例えば累計3キログラムになると「ゴールドカード」、累計20キログラムになると「プラチナカード」と、食べた量に従ってランクアップしていくというものだ。

カードそのものは100円(税抜き)で購入でき、会員登録すれば誕生月に500円クーポンがもらえるなど、カードのランクによりグレードアップする特典がつく。登録しなくてもOKで、その場合、通常カードは特典がないが、ゴールド、プラチナではドリンク類の無料サービスなどがあるそうだ。

肉100キロで体脂肪率が29%から14%へ

肉を焼く様子は、なんともダイナミックだ

2015年3月末時点で7万1132人の登録者がおり、うち90人は20キロ超を食べたプラチナカードメンバーだという。ポイントを貯めることによるサービス目的というよりは、「これだけ肉を食べた」という記録をつけ、モチベーションを上げる目的でカードを利用している人も多いようだ。

ある50歳代の男性は、100キログラムを達成し、体脂肪率29%が14%に激減。「パワーダイエット賞」として、社員約300名の前で表彰した。「この方が当店に通い始めたのも、肉を食べて脂肪を減らすように医師に勧められたのがきっかけ。最初はライスも断っていましたが、あまりにも体脂肪が減りすぎて、9%に落ちてしまったために、ライスも食べるようになったそうです。不健康に痩せたのではなく、医師にも『とてもいい状態』と言われたそうですよ」(川野さん)。

これを機に、同店では「肉を食べて健康になれることをアピールしていければ」(川野さん)とのことだ。糖尿病専門医などにも推奨されている「炭水化物抜きダイエット」では確かに、たんぱく質の積極的な摂取がよいこととされている。脂身が少ない赤身の肉を選べば体脂肪にはならない、という理屈だ。

ただし、どんな効果が得られるかは、体質や生活習慣にも大きく影響される。そこは注意が必要だろう。

マイレージを着実に積み上げるコアなファンも含め、順調にリピーターを増やす同店では、今年、出店攻勢を掛ける。

次ページこれから出店する場所は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT