「いきなり!ステーキ」は"非常識の塊"だった

炭水化物抜きダイエットで女性も虜に

店内は、男性客だけでなく女性客のグループも目立つ

同チェーンでは、今年だけで、あと53店舗出店する予定。合計の店舗数は現在の2倍以上になる計算だ。

そこで課題となっているのが人材教育だ。つまり、店舗拡大のペースに負けないよう、人材の確保、教育を行っていかなければサービス品質の低下につながりかねないためだ。

ステーキでは、肉をカットして焼くというシンプルな過程なだけに、シェフ一人ひとりの技術に負うところが大きい。また、接客の質も問われる。グラム単位での肉のカットの案配から始まって、焼き加減などをカウンターごしにやりとりするため、客あしらいも大切なのだ。

人材教育における試みとしては、今年3月よりステーキマイスター制度を導入しているほか、ホテルのシェフなど、リタイアしたベテラン人材を積極的に登用し、技術の維持向上を図っている。

年内にはニューヨークへ進出

「いきなり!ステーキ」の勢いはまだまだ止まらない。年内のニューヨーク出店を目指し、準備を進めているのだ。ニューヨークと言えば、ステーキの本場。「日本の味」が受けていると言っても、いわば逆輸入である同店のステーキがどこまで受け入れられるのだろうか。海外ならではの戦略はと聞くと、「例えば日本では300グラム以上を推奨していますが、アメリカでは500グラム以上にする、などの工夫は必要です。そのほか、しょうゆベースの甘めのソースや、日本でも導入して好評のわさびなど、いくつかアイディアはあります」(川野さん)とのことだ。

非常識を逆手にとったビジネスモデルで成功してきた日本の企業。ニューヨーカーたちにの度肝を抜くことができるだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT