紙の本を読まないと、人は確実にバカになる

鈴木幸一×松本大「ネットの未来」を語る

松本:日本は、金融機関は可用性というか、ATMを1秒でも止めちゃいけない、オンライン証券も場中は絶対止めちゃいけないというのが当たり前のようになっていますが、これはよくないですね。

鈴木:それともうひとつ提言というか、言っておきたいこと。今、本が売れませんね。でも僕は、本を読まなくなると、人間は本当にバカになる気がしますね。

松本:それは、そうですね。

液晶画面でものを考えることはできない

鈴木幸一(すずき こういち)●インターネットイニシアティブ(IIJ)会長兼CEO。1946年神奈川県生まれ。早稲田大学文学部卒。72年日本能率協会入社。82年に退社して日本アプライドリサーチ研究所設立。ベンチャー企業の育成指導、産業・経済の調査・研究等を行う。92年12月インターネットイニシアティブ企画設立

鈴木:紙を読まないといけません。僕は、どうも液晶画面でものを考えることができない。書くときはもちろん使いますし、マーケットなども画面で見ています。でも感性とか、思考という部分とつながらない。何だろうな。

松本:画面から得るものは、単発のインフォメーションなんですよ。やっぱりネット上のものってそうでしょう。それに対して、書籍というものはインテリジェンスだと思います。1個、1個はインフォメーションでも、それが束ねられていることで、インテリジェンスとして吸収できる。

鈴木:そうですね。あとはやっぱり人間、朝起きて、夜寝るべきだっていうのがある。24時間、同じような情報を得る環境というのは、人間にとってよくないとも思いますね。

それともう一つは言葉の問題ですね。英語は、言葉が日常とくっついているわけです。よく言うんだけど、server(サーバー)もsubscriber(サブスクライバ)もsupply(サプライ)も日常語ですからね。だから、サーバーが何をするのかという役割は、向こうの人は、感覚的にわかる。

その点で、日本は、大変ハンディキャップをもったレースをやっている感じがしますね。インターネットの世界におけるRouting(ルーティング)なんて、 要するにroute(ルート)を探せというだけ。ところが、日本だと経路探索と言われてしまう。これだと、ちょっと素人の人が入りにくいよね。

松本:鈴木さんは、今でも大きな理想を追っているんですか。最後、それを聞かせてください。

鈴木:スコット・マクニーリとこの間、飲んだときに話をしたんだけど、世界標準をつくりたいという思いが、まだある。例えば、SDN(Software Defined Networking)のようにソフトウェアだけで全部コントロールしてしまうようなネットワークを作りたい。これに向けて、今、やっていますよ。

(写真:梅谷秀司)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT