紙の本を読まないと、人は確実にバカになる

鈴木幸一×松本大「ネットの未来」を語る

「鈴木さんはビジョナリー。私はプラグマティストです」(松本氏)

松本:鈴木さんは技術のわかる人であり、理想の人、ビジョナリーです。しかし、僕はプラグマティックに、「既定の条件の中でどうすればいいのか」と必ず考えてしまう。もちろん、金融をもっと理想的なものに変えたいとは思っています。でも、あくまで、その範囲の中の話なんですよね。鈴木さんは、そうではなく、もっと 根底から考えていますね。

鈴木:根底から考えたって、ビジネスにならないんだけどさ。

ひとつ提言ということでいえば、止めることの重要性を言っておきましょうか。銀行のATMが止まったということで大騒ぎする国は、一番インターネットに向かない。なぜならば止めるのが一番いいんですよ、システムは。もちろん本当に止まるとなると、大きな問題になりますけど、トラブルが起きたとき、止めない努力をするんですよね、規制当局などは。僕はそうではないと思う。不審な動きがあったときには、それが拡がる前に瞬時に止めるのが、将来の姿だと思っている。

松本:含蓄がある言葉です。

止められないと大きな問題が起こる

鈴木:なぜか日本は止まることに対してものすごく厳しい。しかし、情報はループするものだから止めない限りどんどん広がる。雪だるま式に大きくなっていく。即座に止める仕組みを作らないと、近い将来、大きな問題が起きかねないと思っている。

──止めたときの影響が大きいから止めないっていうのは間違いだと。

鈴木:影響が大きいと錯覚しているんじゃないかな。そんなのは別に、大したことではないですよ。

──新幹線を止めたら影響は大きいけれども、止めますね。

鈴木:止まることを前提にすれば、何も1つのサービスだけに依存せず、いろんなところを使えばいい、となります。

次ページ本を読まなくなったら人間はどうなるか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT