部品不足が世界を巡る 自動車、スマートフォンの生産も打撃

東日本大震災から2週間余り--。その影響は東北地方だけではない。ソニーは静岡や愛知、キヤノンは大分県で、デジタルカメラなどの工場を操業停止。さらに余波は海外にも広がりつつある。

東北の一企業がアップルの供給を左右

3月11日に米アップルが北米で発売した、タブレット端末「iPad(アイパッド)2」。店頭では品薄が続く人気ぶりで、25日に欧州と豪州、4月には日本を除く、アジア各国での発売を控えている。

だが調査会社IHSアイサプライは、「日本の震災によりアイパッド2の部品が供給不足になる可能性」を指摘する。アイパッド2を分解した結果、フラッシュメモリ、DRAM、電子コンパス、タッチスクリーン用のカバーガラス、バッテリーが日本製だった。うち旭硝子製のカバーガラス、AKMセミコンダクタ製の電子コンパス、ほかにバッテリーも、その代替は難しいという。

アップル向け電子部品の不足は、液晶パネルでも懸念されている。東芝モバイルディスプレイ(TMD)は、スマートフォンの「iPhone(アイフォーン)」やアイパッド2向けにパネルを供給しているが、埼玉の深谷工場は操業停止のままだ。再稼働の準備はできても、「計画停電が続くかぎり難しい」(TMD)。液晶工場はライン立ち上げに1~2日を要し、実際の生産に入ると1週間は稼働し続ける必要がある。

頼みはフル稼働に追われる石川工場だが、ガラス基板の調達先である旭硝子の子会社、AGCディスプレイグラス米沢が被災。操業は再開したものの、一部加工工程を委託する倉元製作所(宮城、岩手県)は、深刻な被害を受け操業停止中だ。TMDは在庫を消化しながら生産を進めており、ガラス基板の調達が滞れば供給に影響が出るかもしれない。アップルはTMDと韓国LGディスプレイからの2社購買のため、調達に狂いが生じるリスクを抱える。

売上高で約652億ドル(約5兆2160億円、2010年9月期)を誇るアップルと比べれば、倉元製作所のそれはたった119億円にすぎない。が、東北の一企業も、世界中に出回るアップル製品の一端を担っているのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。