ニューヨークで話題の「古代穀物」って何?

日本で話題のキヌアはもう古い!

古代穀物のカムート小麦で作られたグラノーラ(写真:Andrew Scrivani/The New York Times)

古代穀物なら、キヌアは全色を料理し尽くし、アマランスにも手を出して、キビは卒業してしまったと言うあなた。ファッロとケールのサラダはどうだろうか。それももう2年前から、ホームパーティのテーブルに並べているのだろうか。

では、全粒スペルト小麦を忘れていないだろうか。それから、一粒小麦やエンマー小麦は?ほかにもさまざまな古代穀物が、グリーンマーケット(農家が農産物を直接消費者に売る市場)や専門店で手に入るようになっている。

あなたはまだ使ったことがなかったとしても、ニューヨークの高級レストランでは新しい古代穀物を取り入れている。私たちの祖先と同様に、彼らはその風味豊かで素朴な味わいと、高い栄養価に魅せられたのだ。料理好きなら、この流れに乗ってみたらどうだろう。古代穀物はそれぞれに特徴があり、おいしい冒険ができるはずだ。

レストランではデザートにも古代穀物

たとえば、ニューヨークのレストラン「アップランド」では、香りのよいライ麦とエンマー小麦のお粥の上に、オッソブーコ(仔牛骨付きすね肉の煮込み)を乗せている。「グラマシー・タバーン」では、噛みごたえのある一粒小麦を使って食感のよいソースを作り、チキンに添えている。「セミーヤ」では、発酵させた全粒穀物でオートミールを作り、焦がしバターとビーツを合わせて上品なデザートに仕立てている。

シェフが古代穀物に夢中になっているのは、彼らの地元食材や持続可能な食材へのこだわりから生じた自然な流れだ。たとえば、放牧豚のロースと在来種の赤チコリに添えるのが、普通の小麦のパスタでいいのか、という話だ。特に、今では小規模農場で作られたエンマー小麦が手に入り、それを使えば料理によりよいストーリーができるのだから。

次ページ古代穀物、高まる関心
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT