最新ランキング「働きがいのある会社」トップ50社 中の人のクチコミで見る「超優良企業」はこれだ

拡大
縮小
談笑する男女
実際に働いている人のクチコミで選ぶ、「働きがいのある会社」トップ50をお届けします(画像:Fast&Slow / PIXTA)
クチコミ数【日本最大級】を誇る転職・就職サイト「OpenWork(旧Vorkers)」には、1300万件を超える社員クチコミが集まっているという。
「1300万件ものクチコミを分析すれば『社員しか知らない、本当の超優良企業』が見つかるのではないか?」
そんな書籍『1300万件のクチコミでわかった超優良企業』が刊行され、Amazon書籍ランキングで総合2位を獲得するなど、大きな話題となっている。本書では「女性のクチコミだけで選ぶ女性の働きやすさ」「年収1000万円超でワーク・ライフ・バランス優良」「技術職からの評価が高い」など19の評価ポイントから、のべ約400社の「知らないとソンする会社」をランキング形式で紹介し、その特徴を解説している。
ここでは、最新版の「働きがいのある会社」50社ランキングを一挙に紹介する。

1300万件のクチコミから「働きがい」を評価する

コロナ禍をきっかけに、この数年で働き方や仕事に対する価値観などに大きな変化が起きました。さらに昨年は、経済産業省が推進する「人的資本経営」というキーワードが大きく注目され、社員や組織に対する企業の向き合い方を考えさせられる1年であったとも言えるでしょう。

1300万件のクチコミでわかった超優良企業: クチコミ数【日本最大級】の転職・就職サイトに集まった
『クチコミ数【日本最大級】の転職・就職サイトに集まった 1300万件のクチコミでわかった超優良企業 』(東洋経済新報社)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

そのような環境変化の中、今年も私たちOpenWorkは「働きがいのある企業ランキング2023」を発表しました。

このランキングをベースに、前編と後編の2回に分けて「上位企業の特徴や傾向」「注目企業の分析」をご紹介していきます。

さて、ランキングのご紹介に入る前に、よく「こういったランキングに信憑性はあるのか」といった質問をいただきますので、まずはどのようにランキングを算出しているかを簡単にご紹介したいと思います。

ランキングのもとになっているデータは、社員・元社員が実際に働いた体験を通じてOpenWorkに投稿した「会社評価」のクチコミをもとに算出しています。

データの質・信頼性の高さを維持するために、以下のような投稿条件や審査体制を設定しています。

・社員クチコミの投稿は500文字以上が必須
・コピーアンドペーストをできないように、機能的に制限
・在籍期間1年以上の正社員、契約社員のみが回答できる旨をサイト上に明記
・すべての投稿内容に対してAIを活用した機械審査と専任のスタッフによる目視審査の両方を実施

こうした取り組みにより、いい加減な回答がしづらく、質の高い投稿を多く集められていると自負しています。

また、クチコミサイトということで「退職者の不満しか載ってない」と思われることも多いのですが、こちらも誤解です。

AIを活用したテキストマイニング分析により、実はOpenWorkのクチコミ投稿はニュートラルな内容、つまり感情に偏りすぎない中立的な内容が多くを占めていることがわかっています。

さて、前置きが長くなりましたが、ここから実際のランキングを見ていきましょう。

次ページこれが「働きがいのある会社」トップ50社だ!
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT