グーグル太っ腹!社会貢献にポンと3.5億円

日本のNPOに巨額の助成金を提供

Google.org統括ディレクターのジャクリーン・フラー氏(撮影:今井康一)

3月26日、非営利団体(NPO法人)を対象としたGoogleインパクトチャレンジの受賞団体が決まった。

これはグーグルの社会貢献プログラムのひとつで、昨年11月に「テクノロジーを活用してよりよい社会を作るアイデア」を募集することから始まった。数百もの応募から絞り込んだファイナリストの10団体がプレゼンテーションを行い、グランプリ2団体、女性の活躍を支援する「Women Will賞」に1団体、一般投票で最多票を獲得した1団体の4団体が受賞、それぞれに5000万円の助成金と技術アドバイス支援が与えられることになった。

さらに、受賞から外れた6団体にもそれぞれ2500万円の助成金が提供されることがサプライズ発表され、会場は大いに沸き立った。10団体に合計3億5000万円もの助成金を提供する太っ腹なグーグル。慈善・社会貢献部門を担うGoogle.org統括ディレクターのジャクリーン・フラー(Jacquiline Fuller)氏に、その狙いを聞いた。

日本の課題に向き合うNPOの姿勢に感銘

――受賞から外れた6団体にも助成金を提供することにしたのはなぜ?

毎年何千もの団体をみているが、自信を持って今回の団体はみなトップクオリティだと思った。2500万円の助成金は、アイデアを実現するとりかかりとして使ってほしい。そうすることで、ほかからの支援につながるといい。

今回、インパクトチャレンジを日本で実施するにあたって、応募が数百件もあり驚いた。内容も多彩で、高齢者の健康、政治資金のモニタリング、自殺予防、ホームレスに対する支援など、みな日本国内の課題に向き合い、さらによい社会、フェアな国にしていこうという取り組みばかり。ともすると社会から忘れられがちとなる、ハンデを負う人を支援する姿勢に感銘を受けた。

次ページ日本で行うことになった理由は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT