巨額赤字の住友商事は、まだ不安がいっぱい

今期は資源減損3250億円、16期ぶり赤字転落

16期ぶり赤字に中村邦晴社長は「重く受け止めている」とした(写真は2014年11月、撮影:尾形文繁)

住友商事が今期2度目の巨額減損計上を余儀なくされた。2014年9月末に発表した米国・シェール開発事業などの2400億円の減損から、追加で850億円の減損が発生。税効果後で総額3250億円の巨額減損に膨らむ見通しだ。

内訳は、米国のタイトオイル事業が前回予想の1700億円の減損から300億円悪化して約2000億円の減損、マーセラスシェールガスプロジェクトおよび北海油田事業が新たに400億円の減損を計上予定。また、ブラジルの鉄鉱石事業が同150億円悪化の650億円の減損と、近年積極投資を続けてきた資源関連の資産が大半だ。

昨年9月末から、石油と鉄鉱石の価格がほぼ半減

中村邦晴社長は、「(前回減損を出した)昨年9月末から、石油と鉄鉱石の価格がほぼ半減したのが原因。重く受け止めている」と釈明。2014年度の純利益予想は850億円の赤字と、1999年3月期以来16年ぶりの最終赤字に沈む。

とはいえ、住友商事は2015年2月の第3四半期決算発表の段階ですでに減損の拡大を示唆しており、市場は一定程度織り込み済み。株価への影響もほとんどなかった。気になるのは、巨額減損の反動から2300億円の純利益までV字回復を果たす計画を掲げている2015年度(2016年3月期)だ。

次ページ2015年度の最大の懸念材料は原油安
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT