ワタミ、「10年ぶり値下げ」でも拭えぬ不安

総合居酒屋の"顔"が抱える問題の本質

和民で4月から提供される新メニュー。「これだけ食べて5330円(税抜き)」という点が売りだ

「2015年は居酒屋チェーンのど真ん中に立ち戻っていきたい」――。3月1日に清水邦晃氏が社長に就任した居酒屋チェーン大手のワタミ。3月19日に新体制では初となるメニュー改定を発表した際、新社長は力強くこう宣言した。

同社は「和民」や「坐・和民」など主力業態のメニューを4月から順次改定し、1皿当たりの平均単価を約1割引き下げる。値下げに踏み切るのは10年ぶりとなる。

今回の改定によって、生ビールは490円から450円に、ハイボールは450円から290円にそれぞれ値下げする(いずれも税抜き)。料理はボリュームを減らし、1皿の平均単価を449円から401円に引き下げる。全メニューに占める300円未満のフードの割合は21%から41%に増える一方、500円以上の割合は24%から9%まで減少する。

逆張りの値下げ戦略

画像を拡大
和民の旧メニュー。6010円(税抜き)を出しても、これだけしか食べられなかった

目下、外食業界では「安ければよい」ではなく、「高くてもいいモノを食べたい」という傾向に消費者のニーズがシフトしている。

たとえば、すかいらーくが展開するファミレス「ガスト」では昨年、1000円を超える季節メニューを中心に付加価値の高い商品の販売が伸び、既存店売上高は前年比1.7%増となった。

次ページあえて今、値下げする狙い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT