イオン撃沈!やっぱり下方修正で光明見えず

GMS、食品スーパー、コンビニなどが不振

堅調な食品スーパーは、食品価格を上げても生鮮品や総菜を中心に、付加価値の高い地域密着の品ぞろえを強化しており、シニアを中心に高い支持を得ている。一方、イオンは価格訴求の面を打ち出していることが裏目に出ており、消費者からは、「何でもあるが、欲しい物がない」との声が聞かれる。そうした状況を打破するためにも、本部主導から現場への権限委譲で、地域を重視する戦略に大きく転換しようとしている。

これに加えてイオンは、首都圏の食品スーパーである、「マルエツ」と「カスミ」を買収。子会社の「マックスバリュ関東」を含めた、共同持ち株会社「ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス」を3月に設立し、攻勢に出る構えを見せる。

イオンはさらなる拡大志向を崩さず、他社にも参加を呼びかけていく方針だ。だが、イオンが出資するほかの首都圏スーパー、「ベルク」や「いなげや」は参加に距離を置いている。

「一転、下方修正」は昨年3月にも

GMSをめぐっては、セブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂や中部圏が地盤のユニーグループ・ホールディングスも厳しい状況である。ヨーカ堂は1月から、戸井和久社長が衣料事業部長も兼務し、異例の指揮を執っている。またユニーグループは、前村哲路会長と中村元彦社長が3期連続減益見通しの責任を取り、3月に辞任する一方、コンビニ大手のファミリーマートとの経営統合計画を発表するなど、生き残りに必死だ。

イオンは今後、GMSやスーパーの新規投資を抑える一方、競争力強化に向けて、既存店改装に力を入れていく公算だ。とはいえ既存店は、地方の看板店として多く立地し、一時的な閉店でも地域に与える影響は大きい。あるイオン幹部は「改装は順次していくが、(店舗数が多く)分母が大きいので、どれぐらい早くできるかどうか」と打ち明ける。

思えば1年前の3月にも、イオンは2014年2月期について、増益予想から一転して、減益予想(2013年2月期比10%減)へと下方修正した。今回またしても投資家を裏切ることになる。イオンの悩みは深い。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。