東芝非公開化JIP連合への融資判断来月にずれる 銀行団は総額1兆2000億円の協調融資を検討

拡大
縮小

東芝の非公開化を巡り、優先交渉権を得た国内投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)主導の企業連合に対する銀行の融資判断は12月中旬にずれ込む見通しだ。非上場化後の東芝の経営計画や借入金返済の見通しについて、慎重に見極める必要があるとしている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

複数の関係者によると、銀行団は三井住友銀行がリードアレンジャーとなって総額1兆2000億円のシンジケート・ローン(協調融資)の組成を検討している。JIPはオリックスやロームなど国内企業約20社から総額1兆円の出資の約束を得ていると銀行団に説明しており、買収総額は合わせて2兆2000億円規模を想定しているという。

同関係者らによると、JIPは銀行団に対し買収資金に加え、買収後の運転資金として2000億円のコミットメントライン(融資枠)の設定も求めている。

東芝の本社ビルとロゴPhotographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

東芝はもともとJIPなどの提案者に対し、11月7日までに銀行からの融資証明(コミットメント・レター)付きの正式提案を提出するように求めていたが、JIPは融資証明がないままの提案を出していた。出資が不確実なことや買収後の東芝の経営計画などの詳細が不明だとして、銀行団が融資判断を見送ったためという。

銀行団は引き続き、JIPに非上場化後の東芝の経営計画や債務返済計画などの説明を求めているが、詳細な計画がまとまっていないとして慎重な姿勢を崩していない。融資が巨額になることから融資の可否を決めるにはなお時間が必要だとしている。

複数の関係者によると、JIPは来年3月までに東芝に対する株式公開買い付け(TOB)を完了させる計画だったが、銀行から融資証明を得るのが遅れていることから、このスケジュールを断念した。

    JIPの広報担当はコメントを差し控えるとした。三井住友銀行の広報担当者は、個別の案件についてはコメントを控えるとした。

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:布施太郎

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT