日本石油輸送は東北で貨車、コンテナが津波等の被害【震災関連速報】

日本石油輸送は東北で貨車、コンテナが津波等の被害【震災関連速報】

石油製品輸送の鉄道貨車リースなどを手掛ける日本石油輸送は、東日本大震災により、東北や千葉地区において、同社が所有する鉄道貨車、コンテナが地震や津波の被害を受けたもようだ。

被害の詳細はまだ把握できておらず、現在、確認を急いでいる。また、LNG(液化天然ガス)配送などの自動車輸送事業では、仙台、鹿島地区の事業所が冠水被害を受けた。尚、グループで従業員の人的被害は出ていないという。

(渡辺 清治 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。