予約サイト作成サービス「MOSH」誕生の深い経緯 海外旅で触れた個人間取引にネットの本質を見た

拡大
縮小
画期的ネットサービス「MOSH」を生み出した籔社長に、起業にかけた思いと、それまでの道のりを伺いました(写真:トヨダリョウ)
必要にかられ学生時代にマッチングサイトを構築。それから渡米、就職、世界一周を経て、クリエイターを始めあらゆるサービスの販売・顧客管理・決済まで可能にする画期的サイト「MOSH」を立ち上げた籔社長に、起業にかけた思いと、それまでの道のりを伺いました。

先が読めない時代にありながら、新しいビジネスで世の中を前向きに動かそうとしている若き起業家たち。次世代を担う彼らは、どんな過去を経て今に至り、新しい未来を描くのか?

今回はサービスのネット販売を後押しする、MOSH(モッシュ)株式会社代表取締役・籔 和弥さんにお話を伺いました。

大学生の時に家庭教師と生徒をマッチングするサイトを作りました

── まず最初に、モッシュで提供されている事業内容を教えていただけますか。

本記事はLEON.JPの提供記事です

籔:自分の技術や知識、経験などを、オンラインやネットで簡単に売れる仕組みをサービスとして提供しています。自分でネットショップが作れる「BASE」というサービスがありますよね。その「サービス業版」だと言えばわかりやすいかもしれません。現在200職種以上のクリエイターの方に使っていただいているんですが、例えば、フリーの美容師さんがSNSで集客をしているとしますよね。その方が登録してくださったら、スマホで予約受付をし、事前決済から顧客の管理までを1本化できます。

── 受付から決済までできるんですか。それはありがたいですね。

籔:今までだと決済については色んなツール使わないといけなかったんです。でもモッシュを使えば、決済の設定や予約の受付もスムーズにできます。その辺は技術的なリテラシーが高くなくても使っていただけるようなサイトになっています。

── 籔さんはどんな幼少期を過ごしましたか? 起業される方は子供の頃からちょっと人と違う育ち方をしている印象があるんですが。

籔:福井県の三国町という、海と自然に囲まれた町で育ちましたので、幼少期は外を駆け回って遊んでました。父親がメガネのデザイナーをしていたので、「自分でやる」という仕事の仕方は僕としたら一般的で、“普通”の基準が人と少し違ってたのかもな、という気はします。

中学生の時のアメリカ旅行がきっかけで、海外に凄く興味を持ちました。ニューヨークのストリートでダンスをしている人たちを見て憧れ、それからブレイクダンスを始めたんですが、そもそも周囲の人がやってないことをやりたいという思いが強く、好奇心は旺盛だったと思います。ダンスを通して、自分自身のアイデンティティみたいなものを表現してたっていうのもあるかな。大学生までダンスは続けていて、全国の学生のダンス大会で、団体・個人合わせて日本一にもなりました。

次ページ中高生の頃から英語学習をしっかりしていたら…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT