サッカー代表「用具・医療・分析」担当に精鋭が結集 最強スタッフ含めた総力戦で強豪国と対戦

拡大
縮小
サッカー日本代表 スタッフ
左上から時計周りに用具担当の麻生英雄さん、トレーナーの細井聡さん、分析担当の寺門大輔さん、チームドクターの加藤晴康さん(写真提供:JFA)

11月23日の初戦・ドイツ戦(ドーハ)に向け、カウントダウンに入っている日本代表。ワールドカップ(W杯)4度制覇の強豪国に一泡吹かせようと画策しているのは、森保一監督や選手たちだけではない。チームを支えるスタッフ陣も闘志を燃やしている。

日本は1998年フランス大会から過去6度、大舞台に参戦しているが、その全てを経験している力強い存在が、キットマネージャー(用具担当)の麻生英雄さんだ。

キットマネージャーとは、練習や試合で使用する道具を準備、管理する者を指す。一言でいうと裏方に徹する「なんでも屋」。彼らがいなければ、円滑なチーム運営はあり得ない。全てを予見し、先回りして行動できなければ、ピッチ上のさまざまな出来事がスムーズに進まないのだ。

「試合日は3時間か3時間半前に荷物を持って会場入りし、ロッカーの準備をします。選手が1時間半前に入るので、練習着やユニフォームを整えて、ボールの空気を入れたりします。試合中は前半にハーフタイムのロッカー、後半の用具の準備をして、ハーフタイムはピッチでアップしてる選手の手伝いをする。後半になったら片付けという感じで、試合を見る余裕はないです」と46歳ながら小柄で童顔と年齢を感じさせない彼は言う。

サッカー日本代表 スタッフ
選手がスムーズに練習できるように何でもこなす麻生英雄さん(写真提供:JFA)

サッカー経験のない麻生さんがこの仕事に携わったきっかけは、神奈川県内の高校を卒業して浪人中だった1994年、コンビニでたまたま手に取った求人情報誌で「横浜フリューゲルス(現横浜F・マリノス)のアシスタントマネージャー募集」を見つけたこと。Jリーグ開幕初期にそんな求人が出ていたこと自体、信じがたいが、実際に応募し採用されたという強運の持ち主だ。

ちょうど1995年にフリューゲルスを率いていた加茂周監督が日本代表指揮官となり、その関係もあって代表の手伝いに駆り出されたところ、日本サッカー協会側から高く評価され、1997年から代表スタッフ入り。過去6度のW杯を全て経験してきた。

「1998年フランスW杯のカズ(三浦知良=JF鈴鹿)さん落選の後、北澤(豪=JFAフットサル委員長)に『麻生、頼むぞ』と言われたのはすごく記憶に残っていますね。

2006年ドイツW杯ラストのブラジル戦後のことも印象的です。たまたま選手バスに乗ったんですが、隣に座った中田英寿選手が引退をほのめかしてきたんです。後日、本当に発表されたんで、ビックリしましたね」と彼はいくつかのエピソードを明かす。まさに「選手の心のオアシス」としても重要な役割を果たしてきたのである。

次ページメディカルスタッフは7人
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT