ポンド/円で「200万円」の利益も数日で失った訳 1カ月で100万円の損切りも、投資を続けた2理由

拡大
縮小
株式投資の信用取引で大損をしてしまった筆者が気づいたこととは(写真:sidelniikov/PIXTA)
岸田首相がNY証券取引所で「NISAの恒久化が必須」と話すなど、日常的な話題となりつつある資産運用ですが、中には投資に対して「危ないのでは?」「ギャンブルとどう違うの?」などと思っている人もいるはず。
しかし、投資系インフルエンサーのレイチェルさんは「投資をしないことこそが、真のリスクなのです」と、投機で失敗した実体験を明かしつつ、指摘します。
レイチェルさんの書籍『月3万円で3408万円の超安心資産をつくる! 毎月5分のシン・米国株投資術』より一部抜粋、再構成してお届けします。

これからお話しする私の体験談は、できればお伝えしたくない黒歴史。

でも、この体験をしたのは事実だし、この失敗があったからこそ、今の自分があると思っています。私のような失敗は、これから投資を始める人はする必要がありません。反面教師だと思って読んでいただければ幸いです。

たった1カ月で「200万円」が「100万円」に

投資は、正しく行えば確実に資産を増やし、人生を豊かにするものなのです。

「この前、車買ったんだよね」

私が社会人になって1年目の秋ごろ、大学時代の同期生の友人と夕飯を食べていたら、突然彼女が口にしました。

「へぇ、車を……やるねえ。何年ローンで?」

「いや、キャッシュで一括」

「え? 一括? どこにそんなお金があったの?」

私は驚きながら尋ねました。社会人1年目の私たちがいくら堅実に貯めても、現金一括で車を買うだけの余裕があるとは思えません。

「……実は投資で」

友人は短く答えました。これが、私と投資との出会い。

次ページ投資を始めてから半年、「信用取引」に手を出した
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT