ポンド/円で「200万円」の利益も数日で失った訳 1カ月で100万円の損切りも、投資を続けた2理由

拡大
縮小

とはいえ最初にお伝えしたように投資は、正しく行えば確実に資産を増やし、人生を豊かにするもの。私はみなさんに、次の2つの理由から投資をオススメいたします。

それでも、投資をしなければ一生貧乏なまま

1つめは、投資によって資産形成をしてお金に余裕ができれば、人生の選択肢が増えるということ。

貧富の格差について、よく話題にのぼりますね。そもそも、富裕層と貧困層の間で格差が拡大する理由は何だと思いますか? それは、投資です。投資をしているか、していないかが、貧富の格差を生んでいるのです。

日本でもベストセラーになった『21世紀の資本』の中で、著者の経済学者トマ・ピケティは、「r>g」という不等式を唱えました。この式が表しているのは、一体何でしょうか?

「r」は資本収益率を、「g」は経済成長率を示しています。資本収益率とは、投資したお金で得られるリターン。経済成長率とは、世の中が豊かになるスピード。労働した分もらえる給料だと思ってください。経済が成長し、世の中が豊かになればなるほど、当然私たちの給料も上がっていきますからね。

「r>g」という不等式は、投資で得るお金が、労働で得られるお金よりも増えるスピードが速いことを指しています。投資をする人はどんどん裕福になっていき、労働でしか収入を得ない人は、いつまで経っても裕福になれないということです。それゆえ、貧富の格差は、これから縮まるどころか、一層広がっていくということを、トマ・ピケティは唱えたのです。

富裕層は、労働で得られる給与によって豊かになるのではなく、保有している株式の値上がりや配当によって、豊かになっているのです。投資をしていない人たちが、今後も投資をせずに労働した給与だけなら、その差はぐんぐん広がってしまうのです。

これが、どんな人であってもどこかで投資を始めなければいけない理由です。少額でも全然問題ないので、とにかく早く始めた方がいいでしょう。

複利の効果を思い出してください。早ければ早いほど、手にできるお金も増えましたよね。お金があれば、老後への不安が軽減されますし、心に余裕をつくることができます。

次ページお金があると挑戦できることが増える
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT