手取り24万、4年で2000万円貯めた会社員の秘訣 300万円の借金を乗り越え月収の8割を貯金に

拡大
縮小
徹底的な倹約の方法について、動画で紹介。貯金額や月の収支も公開(『倹者の流儀』より)

多くの人は働けば働くほどストレスを感じるが、くらまさんは逆。

「働いて貯金が増えれば増えるほど自信がつく。仕事でストレスがかかっても『俺には2000万円がある』と思うと、笑顔でいられる。心が平穏なことは一番の贅沢です」

なんとも突き抜けたやり方と強靱な精神力は、熟年世代には「とてもまねできない」と尻込みしてしまうが……。

少ない年金だけでも暮らせる体質づくりを 

「50代以降こそ絶好の貯めどきです。子育てが一段落し住宅ローンの支払いも終わりに近づいて、今後の出費の見通しがつきやすいからです。両親も貯金はほぼゼロでしたが、僕のユーチューブを見て一念発起し、数年で1000万円貯めました」

くらまさんの両親は52歳で共働き。夫婦でお互いの収入すら知らないというほどお金に無頓着だったそう。貯める意識がゼロに等しかったが、くらまさんのアドバイスもありマネープランを家族全員で真剣に話し合ったという。

「どういう老後を迎えたいのか、そのためにいくら必要なのか……。具体的な数字が出たら、あとはその数字を達成するために日々行動するだけです。少ない生活費でも暮らせるようになれば、少ない年金額でもまかなえるとわかり、老後不安はかなり消えるはず。65歳まで働いて本気で倹約に努めれば、必ずまとまった額が貯められますよ

マネープランを考えるときはできれば子どもを巻き込むといい。若い世代のほうがネット証券の活用法など、資産運用についての情報が豊富なことが多いからだ。また親の老後問題は子どもの問題でもある。

以降は、くらまさんの節約の極意についてひもとく。究極の節約マインドは、すべてまねできなくとも、役立つエッセンスが詰まっているはずだ。 

次ページ貯まる考え方と行動で“お金は増えて当たり前”に
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT