旅行者は見た!観光解禁「韓国の超盛況っぷり」 人気の店や飲食店は地元の人で大賑わい

拡大
縮小
韓国、市場、広蔵市場
観光客にも人気の広蔵市場は活況を呈している(写真:筆者撮影)
この記事の画像を見る(7枚)

2022年9月7日、ワクチン3回接種証明を保持していれば日本帰国時に必要だったPCR検査の陰性証明提出が不要となりました。これを機に海外旅行に行かれる方がかなり増えてきており、身近な人が海外旅行を再開したという話も聞こえてきたりしていることと思います。

中でも日本からの旅行者が増えるとみられるのが、お隣の国・韓国です。東京から韓国の首都ソウルまでの飛行時間は約2時間半で、国内旅行感覚で行ける旅先。2018年、2019年の日本人訪問者数ランキング(JNTO調べ)でもアメリカに次いで、2位でした。

10月からほぼコロナ前の状態で行けるように

韓国に行くには直近まで観光目的を含むビザが必要でしたが、8月4日より期間限定ではありますが、ビザなし入国が可能に。当初は8月中の予定だったのが、現在は10月末まで延長し、このままいけば、11月以降も延長する可能性が高いとされています。

さらに、10月1日からは韓国に入国するすべての人に義務付けていた入国後1日以内のPCR検査も解除となりました。韓国は出発地やワクチン接種の有無を入国の条件にしていないため、これで入国におけるコロナ関連の規制がすべてなくなったことになります。

11月以降、ビザなし渡航が継続するかどうかにもよりますが、少なくとも10月はほぼコロナ前と同じ韓国旅行ができるようになったと言っても過言ではないでしょう。ただし、1点だけ、コロナ前にはなかった手続きが増えています。

現状は、ビザ保有者以外は搭乗72時間前までに「電子渡航認証(K-ETA)」を通じ、旅行許可を取得することが必要です。ビザなし渡航解禁や入国後PCR検査義務撤廃のニュースを受けて韓国渡航を決めたものの、この申請を知らずに渡航しようとするケースも、ここ最近増えているようなので、これだけはご注意ください。もちろんK-ETAの申請がないと、飛行機にも搭乗できません。

次ページ2年7カ月ぶりに訪ねたソウルの様子は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT