中国人が「日本人キャンパーは憧れ」と熱く語る訳 空前のキャンプブームで日本ブランドに熱視線

拡大
縮小
キャンプ、テント
中国でも影響力を持つベテランキャンパーの安さんは、「日本のキャンプ文化は先生であり、憧れの存在」と語る(写真:安さん提供)

中国が空前のキャンプブームにわいている。中国キャンプ場の市場規模は2021年の299億元(約6100億円)から2025年には562.1億元(約1.1兆円)に膨らむ見込みと急成長している。こうした中、中国よりも先にキャンプがはやっていた日本には、中国キャンプファンはそのやり方や商品に対して熱い視線を送っている。これは、日本と日本企業にとって見逃してはいけない好機である。

そもそもなぜ今、中国ではキャンプがこんなにはやっているのか。今回は、中国キャンプ業界の専門家にオンライン・インタビューした内容を紹介しながら、日本や日本企業が今打つべき手についてヒントを提示したい。

はやっている理由はコロナだけではない

「キャンプは(中国のエリートにとって)よい社交の場だ」と語るのは、ベテランキャンパーで業界内でも影響力を持つ安さんだ。安さんは名門大学を卒業してから北京に居住しており、国内トップ企業で勤務し、2人の子どもを持つ30代。いわゆる「勝ち組」である。

美術・音楽・写真などの趣味を持ち、生活だけでなく、精神的な豊かさも求めている。これは、現在の中国の若きエリートの特徴でもある。同氏がキャンプを始めたのは2019年新型コロナウイルスの影響が日常生活に影響を及ぼし始めた頃だ。郊外の「農家楽」の多くが閉店したため、安心して子どもを連れて出かけられるところも少なくなったことだった。

そこでたまたま知った会員制のキャンプ場に惹かれた。年会費4000元(約8万円)は、安くはないが、農家楽としての癒やし、子どもの遊び場だけでなく、「年会費を払えるのはそこそこ経済力のある人で、中国におけるキャンプの先駆者たちで、いろいろ

な意味でフィルターがかけられたよい社交の場になる」と考え、入会したようだ。

次ページ仕事で疲れて癒やしを求めるエリートたち
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT