できる人ほど「予定に空白を入れておく」深い理由 グーグルも注目する「戦略的小休止」の効用

拡大
縮小
スケジュールに悩む男性
予定が入っていない時間はあるか?(写真:Kazpon / PIXTA)
スケジュールに空白があると、なんだか仕事をしていないように思え、ついつい予定で埋め尽くしてしまう現代人。毎日「やること」でびっしり埋め尽くされ、時間に追われてバリバリ働いている人は、確かに「一見、できる人」っぽく見える。でも「本当に、できる人」、つまり、生産性高く創造的な仕事をしている人は、実は予定と予定の間に「空白(ホワイトスペース)」を入れていることが多い。その意図は何か? 『WHAITE SPACE ホワイトスペース 仕事も人生もうまくいく空白時間術』(東洋経済新報社刊/ジュリエット・ファント著/三輪美矢子訳)から、その秘密を紹介する。

燃え上がるために必要なもの

私は火の熾し方を知らない子どもだった。マンハッタンで育つのに必須のスキルではないから。エレベーターで階から階へと移りながら「トリック・オア・トリート」をする(そしてお菓子をもらう)方法なら覚えたし、《レイズ・ピザ》のスライスを上手に折りたたんで、ギトギトの脂を紙ナプキンに落としながら食べるコツも3歳になるまでに身につけた。けれどアパート暮らしの子どもは、何か特別にまずいことでも起きないかぎり、火の熾し方は学ばない。

『WHITE SPACE ホワイトスペース―仕事も人生もうまくいく空白時間術』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。 紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら」)

それから月日は流れ……3人の子の母となってからのこと。私は夫と息子たちと、ロサンゼルスの自宅からそう遠くないビッグ・ベア湖のほとりの山小屋へ向かっていた。山小屋は、わざわざ車を走らせる甲斐があるものだった。美しい木立に囲まれた場所で、巨大な窓があり、幅の広い重厚な石造りの暖炉が火をつけられるのを待っていた。

暖炉があると知った息子たちは興奮して飛び跳ねていた。ただあいにく薪はなく、燃やす知識もない。夫は町に出かけている。

湖畔のロッジの、ドイリーが敷かれた丸テーブルにこんなお知らせが置いてあった。

「薪のご入り用は×××まで! 10分以内にお届けします」

その場で携帯電話を取り出してメッセージを送ると、まるですぐそこの角で待っていたかのようなすばやさでチャーリーがやってきた。チャーリーは、私とまわりで歌いながら飛び跳ねている息子たちに、火を熾すときは燃料を重ねて置くとやりやすい、と教えてくれた。まず小さな紙を敷き、乾いた松葉を火格子に乗せて着火剤をいくつか置くと、早く火がつく針葉樹とゆっくり燃える広葉樹の2種類の薪をその上に積む。

ところが彼は、1つ重要な燃料について言い忘れていた。空間だ。

次ページやることを詰め込みすぎると燃焼しない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT