「トータルテンボス」老いに抗わない笑いを追求 オッサン同士の「寝起きドッキリ」に込める美学

✎ 1 ✎ 2
拡大
縮小
ツッコミ担当の藤田憲右さん(左)、ボケ担当の大村朋宏さん(右)(筆者撮影)
今年結成25周年を迎えた漫才コンビ「トータルテンボス」。「M-1グランプリ2007」で準優勝後も腕を磨き、どの劇場でも確実に笑いを取り続けるネタの力で芸人仲間からも一目置かれる存在となりました。ここに至るまでの葛藤。新型コロナ禍でのリアル。そして、見据えるゴールについて思いを吐露しました。

藤田:もう47歳になる年ですからね。いろいろなことがありました。そして、こんなことを自分から言うのもナニですけど、今が一番コンビの状況が良いと思っています。

一つの大きな節目となったのは2007年でした。僕らの頃は「M-1グランプリ」は結成10年までしか出られなかったので、準優勝という形で終えたその年で「M-1」にはもう出られない。

「M-1」を高校野球で言うところの甲子園だとしたら、もう高校を卒業してしまったのでそこを目指すことはできない。ここでまず目標を失ったんです。それでも漫才をやった方がいいのか、テレビへのシフトを目指した方がいいのか。揺れまくってました。

高校野球が終わっても、そこからプロ野球、さらにはメジャーリーグみたいな世界もその上にはあるわけです。本来、そこを目指すしかないんですけど、なかなかうまく進めないというか。

いくら「もう『M-1』はないけれど、何より、お客さんのためにやるんだ」と頭で思っても、本当に正直な話、心の奥の思いと合致していないから板についていないというか……。

「M-1」ロスとの葛藤

大村:実際、揺れてたし、その頃は本当によくケンカもしましたね。

藤田:ネタの全国ツアーをするにしても、当時は「それは大村が勝手にやってるだけだろう!」と強く当たったりもしてました。

大村:当然、僕にも「M-1」ロス的な思いはありましたけど、進むしかないですからね。若手の漫才から中堅、ベテランとその時に合った漫才をやっていかないといけない。ただ、それは一朝一夕にできることではないから、もう「M-1」はないけれど、ツアーをやったり、イベントをやったりして積み重ねていくしかない。それを貫いてきたつもりです。

次ページ”緩めて”原点に立ち返る
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT