おぼん・こぼん「奇跡の仲直り」後の“今"を吐露 最悪の状況から別れず踏みとどまった想いとは

印刷
A
A
東洋館で大トリを務め、爆笑を取った後の撮影(撮影:尾形文繁)

つい1年前までは、舞台上で目も合わせないほどの超絶“不仲”コンビだった。しかし現在、浅草フランス座演芸場東洋館、通称・東洋館へ足を運ぶと、お互いに目を合わせながら笑い合う、芸人「おぼん・こぼん」の姿が、そこにある。

「『水曜日のダウンタウン』おぼん・こぼんTHE FINAL」(昨年9月29日、10月6日放送)によって、恩讐を越えて仲直りを果たした2人。「わだかまりがないわけじゃない。普通に戻っただけ」。そう面映ゆそうに語るが、板の上で生き生きとコントやタップダンス、トークをする姿は、いかに「普通」が大事であるかを教えてくれる。

「継続は力なんだ」――。

1965年結成、芸歴57年目。どうして一緒に居続けることができたのか。ときに肩を組み、ときにケンカもした東洋館。その楽屋で、想いを訊いた。

「水曜日のダウンタウン」で大反響

約2年がかりの仲直りプロジェクト最終章、「『水曜日のダウンタウン』おぼん・こぼんTHE FINAL」は放送が終了するや、たちまち大反響を呼んだ。その後、第48回放送文化基金賞のテレビエンターテインメント番組部門の最優秀賞受賞をはじめ、2人の復活劇は多岐にわたって衆目を集めるようになる。

「コロナ禍じゃなければもっと忙しかった。中止になったものもあったからさ」

仲直りフィーバーが一段落した今の心境を問うと、おぼん(73)は若干悔しさをにじませながらそう語る。

「でも、気持ちいい。昨年末、浅草漫才大会が終わって、飲んだ帰りに道を歩いていたら、向こうからジャージを着た高校生がダーッときて、「うわ、おぼん・こぼんだ! サインして、写真撮って!」って言われて。そんなこと、あり得なかった。サッカーの全国大会で東京に来ていた高校生たちだったんだけど、すごいうれしかったなぁ」

嬉々として話すおぼんに、「そんな夜中にプラプラしてるから、彼らは1回戦で負けちゃうんだよ」と、笑いながらこぼん(73)がつっこむ。

次ページ今の関係はどうなっている?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT