おぼん・こぼん「奇跡の仲直り」後の“今"を吐露 最悪の状況から別れず踏みとどまった想いとは

印刷
A
A

「おぼん・こぼんTHE FINAL」放送から約8カ月。もし、再び険悪なムードに戻っていたらどうしよう……そんな筆者の余計なお世話は、杞憂に過ぎなかった。

おぼん・こぼんは、大阪福島商業高校(現・履正社高校)時代にコンビを結成。このとき、ともに17歳。学生漫才師でありながら、オーディション番組「素人名人会」、「トクホンしろうと寄席」といった番組で優勝し、スカウトされる。余談だが、「素人名人会」の会場では、当時小学生だった海原千里、後の上沼恵美子ともしのぎを削っている。

上京後は、キャバレーなどで下積み時代を過ごしたことが、自伝的回顧録『東京漫才』に詳しく書かれている。

若手時代は高級キャバレーで芸を磨く

おぼん。立ち位置は向かって右。高校時代は野球部に所属(撮影:尾形文繁)

おぼん:「俺たちには師匠がいない。だから、2人だけで芸を磨くしかない。音楽的な要素とか入れないとウケないから、週に1回、ジャズのレッスンを受けるために、先生の家に行ったりしてさ」

そして、22歳のとき、「赤坂コルドンブルー」のレギュラー出演者として抜擢される。以後、10年間ステージに立ち続けた。こぼんは、「キャバレー時代が、僕らの芸の礎になっている」と振り返る。

「赤坂コルドンブルー」は、高級キャバレー(高級レストランシアター)として一世を風靡した伝説的な遊興施設だ。1人あたりの料金は当時で5万円。ステージや衣装、出演者のギャラなどに費やす1カ月の経費は約1200万円――、現在の価値に換算すると1億円近いお金が消えていたという。

今年5月、「ENGEIグランドスラム」でおぼんがトロンボーン、こぼんがサックスを演奏する音曲漫才を披露したが、こうした芸のバックボーンは、「赤坂コルドンブルー」時代に磨かれたものだ。

業界人との接点も多かった「赤坂コルドンブルー」をきっかけに、2人は「お笑いスター誕生!!」に出演し、一度も不合格にならずに10週連続勝ち抜きグランプリを受賞する。ときは「漫才ブーム」、おぼん・こぼんのメディアへの露出は激増した。

――と、まことに簡単ではあるものの、おぼん・こぼんブレイクまでの足跡を振り返ると、以上のようになる。

次ページ順風満帆だったお笑いエリート
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT