AppleWatch、韓国LGがスクリーン供給か

韓国エレクトロニック・タイムズが報道

 3月2日、2日付の韓国紙エレクトロニック・タイムズは、米アップルが発売する腕時計型ウエアラブル端末「アップルウォッチ」について、韓国のLGディスプレーと、サムスン電子の子会社サムスン・ディスプレーがスクリーンを供給する見通しと報じた。写真はアップルウォッチ。米カリフォルニア州クバチーノで開かれたアップルのイベントで2014年9月撮影(2015年 ロイタ/Stephen Lam)

[ソウル 2日 ロイター] - 2日付の韓国紙エレクトロニック・タイムズは、米アップル<AAPL.O>が発売する腕時計型ウエアラブル端末「アップルウォッチ」について、韓国のLGディスプレー<034220.KS>と、サムスン電子<005930.KS>の子会社サムスン・ディスプレーが、スクリーンを供給する見通しと報じた。

同紙によると、LGディスプレーは、4月発売の「アップルウォッチ」に、有機EL(OLED)スクリーンを単独で供給する、という。

サムスン・ディスプレーは、今年下半期か2016年初頭に発売が見込まれる次世代「アップルウォッチ」のサプライヤーになる見通し。

LGディスプレーとサムスン・ディスプレーは報道についてコメントを拒否した。アップルからのコメントは現時点では得られていない。

アップルは、3月9日開催のメディアイベントで「アップルウォッチ」を発表すると見られている。「アップルウォッチ」は2010年の「iPad(アイパッド)」以来の大型新製品と位置付けられている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。