iPhoneの利便性が向上「iOS 16」の新機能はコレだ バッテリー残量を数字で常時表示できるように

✎ 1〜 ✎ 119 ✎ 120 ✎ 121 ✎ 122
印刷
A
A
iOS 16には大小さまざまな新機能が加わっている。写真のeSIM転送も、その1つだ(筆者撮影)

iPhone 14シリーズの発売に先立ち、iOS 16の配信が9月13日に始まった。本連載でもパブリックベータ版を取り上げたが、最大の目玉はiPhone史上最大の変化となるロック画面。時計の書体や色をカスタマイズできたり、ウィジェットを配置できたりと、ロック画面を見るだけで必要な情報を取得できるようになった。iPhone 14 ProやiPhone 14 Pro Maxは常時表示のディスプレーに対応しているため、新しいロック画面をさらに生かすことができそうだ。

一方で、アップデートされた機能はこれだけではない。大小合わせると、さまざまな機能が新たに加わっている。細かくて見逃されがちだが、設定してみると便利な機能も少なくない。標準設定ではオフになっているものもあり、設定の中身を1つひとつ丁寧に見ていかないと気づかない機能も存在する。せっかくOSがアップデートされたにもかかわらず、それを使わないのは宝の持ち腐れと言えるだろう。

そこで今回は、見逃されがちな一方で設定すると利便性が大きく向上するiOS 16の新機能を紹介していきたい。こうした機能の多くは、一部非対応の端末はあるが、過去に発売されてきたiPhoneにも対応する。ここでは、キーボード入力時の振動フィードバックや、バッテリーの残量表示、eSIMの機種変更機能の3つを紹介していこう。

キーボードが触覚フィードバックに対応

iPhoneのキーボードが、タップするとカチカチという音が鳴り、キーを押したことが聴覚を通じて伝わる仕様になっている。キーボードと言っても物理的なそれではなく、画面上に表示されるソフトウェアキーボードのため、疑似的な音をつけることで、キーを押した感覚を再現しているというわけだ。一方で、キーボードのサウンドは、消音モードにしていると機能しない。公共の場所で使うには、少々うるさいという問題もある。

この連載の一覧はこちら

競合他社のAndroidスマートフォンは、以前から端末のバイブレーションでフィードバックを返す機能が搭載されていた。これに近いフィードバックが、iOS 16で搭載された。設定しておけば、消音モードのときにも端末からわずかに振動が返ってくるため、キーをタップしたことが触覚を通じて把握できる。キーを押したかどうかわかりやすいことに加え、間違って同じキーを2回タップしてしまった際に気づきやすいなど、設定しておくメリットは大きい。

次ページ振動でのフィードバックを有効にするには
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT