「副業をしたい!」と考えがちな人が持つ大問題 将来の不安が消えない中でやることは正解か

✎ 1〜 ✎ 275 ✎ 276 ✎ 277 ✎ 最新
拡大
縮小

冒頭で、最高の投資先は本業に注力し結果を出すこと、と申し上げたのはそういった理由です。ITさんにはまず、不安や不満の背景を考えていただき、そして本業である現在の仕事の成長性や将来性を考え、そのうえで注力すべき本業において結果を出す、という順番で物事を考えていただきたいのです。

現時点においては、ITさんご本人は労働市場や社会において、ご自身の「軸」を形成できていない状態のようにお見受けします。

まずは、その軸を打ち立てることから開始しましょう。

急がば回れ、です。

とある分野でいちばんになった経験をもつヒトは強いものですし、その経験を活かしてほかの分野でも活躍できる可能性も高まります。

中途半端な現状で、漠然とした不安や不満を抱えて、ほかに目移りして戦力を分散させてはいけません。

まずは本業で実績を出し、自分の名前を打ち立てる。そのうえで、本業と関わりのある分野で多角化を図る。これがいちばん大切なことです。

周りの評価で自分の価値を判断しないほうがよい

なお、先ほど、あえて「他者からの評価という観点での自分の価値」と言いましたが、世間や他者の評価のみを気にしたり、そういった周りからの評価のみにおいて自分の価値を判断しているうちはまだまだ中途半端な状態です。

何かで結果を出し、そのことに慣れてくると、自分にある程度自信を持つことができます。そして自信をどんどんつけていけば、「最大の評価は自分からの評価だ」と気が付くときが来ます。

つまり自分なりの価値観で、自分をどう評価するかが、他人からどう思われるかよりもより重要であると気が付くのです。

その頃には、自分自身でも自分なりの幸せの形や成功の形を理解していて、自分にとっての「良い人生」の定義ができあがっているはずです。

そして、そうなると不安や不満は存在しなくなるはずです。

不安や不満は、多くのケースが漠然とした状態や対象から生まれます。反対に具体的に目指すゴールのイメージや対象を持っていれば、不安や不満よりも希望を持つことができます。

不安だからと言って、「安心できるほかの何か」を探しても、そんなものは存在しません。不安を払拭するような、本業における実績を出す。それがいちばんリターンが見込め、また長期的に安心材料を提供しうる投資先なのです。

ITさんがそういった考え方で、優先順位を整理する。そして注力する対象を探し、小さな軸を打ち立て、その結果として大きな軸をもった社会人として成長していくことを、応援しております。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT