有料会員限定

「肥料が買えない!」農業界が直面する空前の危機 原材料の多くを中国に依存、代替先を模索する

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 最新
拡大
縮小

あらゆる作物を作るのに用いる化学肥料が暴騰している。震源地は、主な原料を輸入していた中国だ。

中田ファームの中田圭祐氏
北海道でコメや麦、大豆などを作る中田圭祐氏(写真:記者撮影)

特集「食料危機は終わらない」の他の記事を読む

作物を作るのに必要な化学肥料が、かつてない危機に瀕している。

北海道岩見沢市でコメや麦、大豆などを作る中田ファームの中田圭祐さんは、現状をこう語る。「去年の10月ごろにはすでに、(肥料の原料の1つである)尿素が不足して大変なことになるといわれていた。その後、商社から『肥料のブツそのものがない。売ることができない』と言われた農家もある。異常事態だ」。

中田ファームのある北海道で肥料販売の元締となるのは道内の農協の連合会であるホクレン農業協同組合連合会だが、同会は6月1日に2022年度の肥料価格を前年度比で平均78.5%値上げすると発表した。

中田ファームが購入する肥料の場合、これまで20キログラム当たり約3000円だったのが、6月以降には約5000円になった。「ここまでの値上がりは、これまで経験したことがない」(中田さん)。肥料代が上がったとて、需給で買い取り価格が決まる農産物にその分を価格転嫁できるわけではない。結果、多くの肥料を使う野菜などを栽培する農家の中には、採算が合わずに作るのをやめてしまうところも出始めている。

中国で急激に高まる穀物需要

なぜここまでの価格高騰が起きているのか。最大の原因は、日本が肥料原料の輸入先として頼ってきた中国で穀物需要が急激に高まったことがある。

次ページ特定の国に偏る調達先
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
食料危機は終わらない
この秋、日本の食卓を襲う「食料インフレ」の猛威
「からあげクン」36年で初値上げさせた根本原因
飲料、24年ぶり値上げも「脱安売り」の厳しい現実
国内は収益悪化、海外事業との差は広がる一方
年間インフレ影響は123億円、戦略に迷走感も
輸入物価は1年で1.5倍に、物価ピークは10月?
足元の農産物インフレは一過性の現象ではない
14億人の「爆食」はいつまで続くか?
穀物生産は大国に偏在、貧困国ほどリスク増大
過去最大の干ばつ頻発、穀物生産は長期減少へ
いまこそ「都市型農業」の基盤を構築せよ
原材料の多くを中国に依存、代替先を模索する
最短で2041年の開業を予定、高まる現実味
コメ政策の行方を小野寺元防衛相に聞いた
コメの消費量は年間10万トンペースで減少
3毛作で「行列のできるトウモロコシ」を栽培
植物工場の5割が赤字、富士通やパナも不振
戦略を間違えると「暗黒期」に入りかねない
農業の応援団ほど現実の農業を潰しにかかる
農業政策に詳しい山下一仁氏に聞く問題の核心
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内