カプコンはアミューズメント施設10店の営業再開メド立たず【震災関連速報】

カプコンはアミューズメント施設10店の営業再開メド立たず【震災関連速報】

ゲームソフト開発大手のカプコンは、東日本巨大地震を受け、東北地方と関東地方で運営するアミューズメント施設の営業休止および営業時間の変更を明らかにした。なお、全従業員の無事について確認した。

アミューズメント施設、プラサカプコンの37店舗中、10店舗が再開のメドが立たない営業休止状態にある。このうちプラサカプコン石巻店(宮城県石巻市イオン石巻ショッピングセンター内)については「水浸しで店舗内にも入れない状況。安否確認のためのメールをやり取りできたくらい」(広報)。

14日臨時休業しているのは、埼玉県の「プラサカプコン入間店」など4店舗で、15日には営業を再開する見通し。またこのほか、千葉県の店舗などで営業時間の短縮を実施している。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT