猛威振るう熱波で露呈した欧州「脱炭素」の大困難 原子力と天然ガスを「持続可能」と位置づけ

印刷
A
A
ノルドストリーム1
ドイツにある、ロシアからの天然ガスのパイプライン「ノルドストリーム1」の受け入れ基地(写真:ブルームバーグ)

この夏、熱波に襲われたヨーロッパでは各地で山火事が発生し、7月23日までの集計で2022年のヨーロッパ全土の森林焼失面積は欧州森林火災情報システム(EFFIS)によると、51.5万ヘクタールを超えた。この数字は2006~2021年の同期間平均の約4倍にあたる。

イギリスでは40度を超える暑さに襲われ、各地で山火事が発生。フランスは7月だけでも南西部のジロンド県の山火事だけで約2万ヘクタールの森林が焼失し、3.7万人の住民が避難を余儀なくされた。スペイン、ポルトガルでも最高気温が40度前後を記録し、ポルトガルでは250カ所を超える山火事による森林焼失面積が2017年以降最大となった。スペインでは熱波による死者は1000人を超えている。

ドイツも各地で40度超えの記録的な暑さに見舞われ、7月25日ごろから東部ブランデンブルク州のチェコとの国境沿いで両国にまたがって大規模な森林火災が発生した。本格的な消火活動が空と陸から行われたが、完全な鎮火には「数週間かかる」と当局は述べている。とくに乾燥した松林に覆われた同地域では、第2次世界大戦で残された不発弾などの弾薬が地中に多く埋まっていることから消火が難航し、住民も避難を強いられた。

欧州メディアは「地球温暖化が原因」と報道

熱波は干ばつももたらしている。

イタリアでは70年間で河川の水位が最低に達したことから5つの地域で7月後半から非常事態宣言を出した。フランスの農家は「水がなければ命はない」と失望を隠せない状況で「今後、熱波が毎年繰り返し襲ってくれば、将来に期待は持てない」と悲鳴を上げている。

猛暑は山火事や作物への影響だけでなく、経済活動や人間の日常生活そのものにも深刻な影響を与えている。大半の世帯が冷房装置のない欧州では熱帯夜で眠れない夜が続いている。欧州メディアは熱波襲来について、一斉に地球温暖化による気候変動が原因と報じている。

次ページロシア依存からの脱却という難題
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT