iPhone最新OSでガラリと変わった「3つの機能」 iOS 16は「ロック画面の大幅な改良」が目玉

✎ 1〜 ✎ 119 ✎ 120 ✎ 121 ✎ 122
印刷
A
A
7月12日からパブリックベータ版のiOS 16が配信されている。ロック画面の大幅な改良が目玉だ(筆者撮影)
この記事の画像を見る(4枚)

iOS 16のパブリックベータ版が、7月12日から公開されている。パブリックベータ版とは、一般に公開する完成前のバージョンのこと。広く公開し、志願者を募ることでバグの洗い出しやその修正などを行うのが目的だ。アップルは、例年、正式版の前にパブリックベータ版を配信しており、簡単な手続きを取るだけで自身のiPhoneにインストールすることができる。一足先に最新のOSを試してみたい人にはうってつけの仕組みと言える。

注目しておきたい新機能を紹介する

利用には、アップルのサイトで自身のApple IDを登録する必要がある。ベータテストに参加する意思表示を行うということだ。この手続きをすると、プロファイルをiPhoneにダウンロードできる。ダウンロード後に、通常の手順と同じようにOSのアップデートをかけるだけで、パブリックベータ版のOSをインストールできる。

この連載の一覧はこちら

バグなどが残っていたり、アプリが動かなくなってしまったりするケースもある。ただし、あくまでもベータ版なだけに、普段使いのiPhoneに入れるのはお勧めできないが、バックアップを取ったうえで試してみるのは手だ。使っていない予備のiPhoneがあれば、そちらにインストールしてもいいだろう。

ここでは、そんなiOS 16の中で注目しておきたい新機能をピックアップ。パブリックベータ版から、その魅力の一端をお届けする。なお、本来パブリックベータ版はスクリーンショットの公開が禁止されているが、本稿では取材に基づく許可を得ている。

次ページガラリと変わったロック画面
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT