新卒一括採用が「日本人に植えつけた」残念な悪癖 世界が求める悪ガキは「自分の喜び」優先で働く

印刷
A
A
新卒一括採用を「当たり前」と受け入れてしまうと、ある「大切なこと」が忘れられがちだといいます(画像:kotoru/PIXTA)
日本が誇る「伝説のヘッドハンター」妹尾輝男。
ヘッドハンティング、および人材組織全般のコンサルティング会社として世界最大規模を誇るコーン・フェリーにおいて、30年以上活躍を続け、一昨年までの10年間は日本法人の社長・会長も務めた。ヘッドハントしたエグゼクティブは400人を超える。
そんな妹尾氏の初の著書『世界は悪ガキを求めている――新時代を勝ち抜く人の思考/行動/キャリア』が刊行された。
「2000年ごろを境に、世界で求められるリーダー像に激変が起きた。おこがましい言い方になるが、日本人だけがこの変化に気づいていない」
そう話す妹尾氏に、いま、世界が求めるリーダーの条件を解説してもらう。

日本の国力を削ぐ新卒一括採用

日本の大手企業の多くでは、いまだに「新卒一括採用」を続けていますが、これは日本独自のものです。このようなシステムを採用している国は世界中を見渡しても、ほとんど見ることができません。

世界は悪ガキを求めている: 新時代を勝ち抜く人の思考/行動/キャリア
『世界は悪ガキを求めている――新時代を勝ち抜く人の思考/行動/キャリア』書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

他国ではほとんど見られないこのシステムを多くの日本企業が採用しているのは、「終身雇用」「年功序列」「企業内組合」など、戦後に確立された日本型人事システムとの相性がよかったからだと考えられます。

長らく続けられてきたこの採用システムに関しては、かねてさまざまな問題点が指摘されてきました。

曰く「雇用のミスマッチの原因になっている」「人材の流動化の妨げになっている」「企業の寿命が短くなり、定年までの雇用を保証するのが難しくなった」「複雑化する問題や課題に対応できる人材を中途採用する際の障害になっている」などなどです。

これらの指摘はいずれも的を射ており、異論はまったくありません。しかし私は、「新卒一括採用」にはもっと大きな問題があると感じています。

次ページ新卒一括採用が日本人に植えつけた「悪癖」とは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT