平家打倒後、源頼朝が御家人へ暴言吐いた深い訳 人の容姿を攻撃しているものがけっこう多い

印刷
A
A

6人目の兵衛尉基清(ひょうえのじょうもときよ)。これは後藤基清という武将です。彼には「目はねずみに似ている。ただおとなしく仕えていればいいものを。勝手に任官などして」との言葉をぶつけています。とくに攻撃する様な行動が見当たらなかったので、ついに容姿にまでケチをつけだしたのでしょうか。

7人目は、馬允有経(うまのじょうありつね)。これは波多野有経。頼朝は彼には「小者のくせに。おとなしく従っておればよいものを。五位の馬允の任命を受けるなんて、あり得ない」と怒りをぶつけています。

重臣である梶原一族にも罵声

8人目は、刑部丞友景(ぎょうぶのじょうともかげ)。彼は梶原友景。そう頼朝の重臣として有名な梶原景時の弟です。重臣の弟であっても容赦なく、頼朝の罵声は加えられます。

「声はガラガラ声、髪は薄くやっとまげを結っているような奴、刑部なんてガラじゃない」

ずいぶんとひどい言われようです。

9人目、10人目も実は梶原一族。9人目は、兵衛尉景貞(ひょうぶのじょうかげさだ)。これは梶原景貞で先ほど登場した友景の子です。

頼朝は、彼には「合戦のときに勇気を奮ったと聞いている。それなのでいいなと思っていたのに。勝手の任官なんてとんでもないことだ」との言葉をかけている。目をかけてやろうと思っていたのに残念という感じでしょうか。

10人目は兵衛尉景高(ひょうぶのじょうかげたか)。これは梶原景高、頼朝重臣・梶原景時の次男です。

彼には「人相が悪い。もともとおかしな奴と思っていたが。任官など似つかわしくない。見苦しい」と一刀両断。お気に入りの家臣の息子にここまで言っちゃっていいんですかと、こっちが心配になります。

ちなみに、梶原景時の嫡男・景季(11人目)もリストには載っていますが、悪口も何も書かれていません。頼朝は、宇治川の戦いの前に名馬を景季に与えていますので(『平家物語』)、かなりのお気に入り。さすがに悪口は書けなかったのでしょうか。

次ページ御家人に対する悪口はさらに続く
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT