実家じまいに1800万円使った松本明子さんの痛恨 リフォーム後に売ろうとしたら「マイナス査定」

拡大
縮小
松本明子さんとご両親の思い出の写真
『電波少年』や『DAISUKI!』など数々のバラエティ番組での飾らない明るさが印象的な松本明子さん。
そんな松本さんは、誰も住まなくなった四国の「実家じまい」に25年もかかった“苦労人”でもある。今月発売した著書『実家じまい終わらせました! ~大赤字を出した私が専門家とたどり着いた家とお墓のしまい方』(祥伝社)ではその経緯を赤裸々に記している。
家族との思い出がたっぷり詰まった実家を処分することは、想像以上に大変なことだ。「私と同じしくじりをしてほしくなかった」と語る松本さんに詳しく聞いた。
この記事の画像を見る(5枚)

「明子、実家を頼む」

――香川県高松市の、ご両親の実家を25年間維持する費用が、累計で1800万円超かかったと聞いて驚きました。実家じまいをするまで25年間もかかったのは、お父様の遺言に重みを感じたからだそうですね。

父が亡くなったのは、2003年8月末。私が37歳のときでした。亡くなる少し前に病室を見舞うと、「明子、実家を頼む」と声を絞り出すように言ったんです。

両親はその数年前に東京に呼び寄せていて、実家はすでに数年、空き家の状態でした。

でも、浮き沈みの激しい芸能界で私の仕事がなくなったとき、いつでも高松に戻って来られるようにという思いと、母をおもんぱかったうえでの遺言だったのかもしれません。わざわざ宮大工さんに頼んだこだわりがつまった家だったので、生きた証しとして自分の城を遺したかったのだとも思います。

(図:『実家じまい終わらせました! ~大赤字を出した私が専門家とたどり着いた家とお墓のしまい方』より)
次ページ「実家を頼む」とはどのくらいの期間なのか…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT