米国株「S&P500」への妄信は今後リスクとなる訳 当の米国年金基金も米国のみから「分散投資」へ

印刷
A
A
株高を謳歌してきたアメリカの株式市場だが今後はわからない(写真:まちゃー/PIXTA)
お金に関わる老後不安の問題に対処する心構えとは? 経済評論家の山崎元氏、実業家の堀江貴文氏の共著による新刊『決定版! お金の増やし方&稼ぎ方』より一部抜粋・再構成してお届けする。

 

山崎:「S&P500」をすすめない理由

マネー本やマネー系YouTubeでは「S&P500」を指標とするインデックス・ファンドをすすめる声が目立つ。S&P500とはアメリカの代表的な株価指数のことである。現実に多くの投資家が、S&P500のインデックス・ファンドを買っている。

S&P500がすすめられる理由として、

・多くのアメリカ企業は世界規模でビジネスをしている

・アメリカ経済は近年調子が良いし、いまも成長している

・アメリカ企業には世界中から金が集まってくる

・アメリカ企業は株主優先の経営もしている

などが挙げられる。しかし私はS&P500を指標にするインデックス・ファンドをすすめない。

アメリカ経済はたしかに好調だ。データとしてもここ20~30年のアメリカ株は調子がいい。しかし、それは「20~30年という限られた期間」だけを見ているにすぎない。

過去の株高は今後の株高を約束しない

(写真:徳間書店提供)

読者のみなさんの資産運用は30~40年以上続く。アメリカの株式市場の歴史は約200年あるが、そのうち重なりのない独立した40年間はたったの5回ほどだ。わずかな5つのサンプルだけで「今後もアメリカ市場の株価が伸び続けること」を判断するのは、統計的にも無理だ。

過去は未来の証明にはならない。「近年の20~30年は調子がいい」のは事実だが、今後も続くかどうかは誰にもわからない。

また、アメリカ一国に集中的に投資することで、投資の原則である「分散投資」が難しくなる。たとえば、アメリカの経済政策や税率、規制が変わると、アメリカ株だけが大きな影響を受けるリスクがある。アメリカ株だけに投資するよりは、アメリカ株を含む全世界に投資したほうがいいだろう。

次ページお勧めは全世界株式
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT