多様な社員の活用が競争力アップにつながっていく

企業パフォーマンスを上げるためのダイバーシティ・マネジメント④


 また、ある大手電機メーカーでは、それまでアシスタントとしてしか担当させていなかった女性社員を商品開発やデザイン部に積極的に配置していった。そしてある商品開発チームをほとんど女性で結成し、複数のヒット商品を創り出した。女性の使用者が多い家電製品を、実際に使う消費者側の視点で開発した商品が成功したのである。

これらは「ダイバーシティ(多様性)」に適切に対応している事例の一部であるが、多くの日本企業はまだダイバーシティを切実な問題として考えていない。そのため、具体的な成功例は海外ほどないのが現状だ。

しかし、今後、グローバル化はさらに進み、企業競争は世界レベルで激化していくことが予想される。消費者の多様性はもちろん、社員も正規、非正規、外国人など以前よりはるかに多様化が進んでいる。ダイバーシティを上手にマネージ(管理)して企業の成長につなげていくことがこれまで以上に求められている。

逆にこうした多様性を取り込んでいかなければ、日本企業は世界中の顧客や人材から相手にされなくなる可能性が高い。そのときになって慌ててダイバーシティの体制を整えようとしても手遅れとなるかもしれない。日本企業の競争力を今後も維持するためにも、今こそ本気でダイバーシティを進めるべき時であると考える。

パク・ジョアン・スックチャ

 アパショナータ代表&コンサルタント ワークライフバランス/ダイバーシティ 日本生まれ、韓国籍。東京で聖心インターナショナル・スクールを卒業。米国ペンシルベニア大学経済学部BA(学士)、シカゴ大学 MBA(経営学修士)取得。米国と日本で米国系企業に5年間勤務。その後、韓国延世大学へ語学留学。日本に戻り米国系運輸企業に入社。同社にて日本・香港・シンガポール・中国など、太平洋地区での人事、スペシャリストおよび管理職研修企画・実施を手掛ける。2000年2月に退社。同年12月に日本で最初にワーク・ライフ・バランスを推進するコンサルタントとして独立。企業での社員の意識改革、働き方改革および教育研修に携わる。また、米国とアジアに精通したグローバルな経験を活かし、ダイバーシティ(多様性)推進に力を注ぐ。企業にもメリットをもたらす手法で進める在宅勤務導入コンサルティングで成功実績を出し、企業での在宅勤務(テレワーク)も専門とする。著書:『会社人間が会社をつぶす−ワークライフバランスの提案』(朝日選書)など。URL: http://www.worklifebalance.co.jp

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。