出口なきジーンズ苦境、狙われる会社はどこだ

レギンスブームも痛打、縮み上がる市場

なぜジーンズが目立って縮小するのか。原因の一つは価格破壊だ。09年にファーストリテイリングの低価格業態「ジーユー」が発売した990円ジーンズを皮切りに、イオンの880円、ドン・キホーテの690円など、激安品が続々と登場。低価格イメージがすっかり定着した。その結果、専門店では「売れ筋が1万円から7000~8000円に切り替わった」(ライトオン)。

二重苦に悩まされる

単価下落でも需要は増えず。ジーンズ自体、流行の波から取り残されたのも大きい。中でも09年ごろからの「レギンス・ブーム」がジーンズ離れの引き金となった。「レギンスにスカートを合わせるファッションが広がりジーンズ需要が低下した」(日本ジーンズ協議会の佐伯晃氏)。05年のプレミアムジーンズ・ブームからの反動もある。ジーンズ生産は05年のピーク時7000万本から5000万本へと急減してしまった。

「価格破壊」に「流行遅れ」と、二重苦に悩まされるジーンズ専門店。現状打破のため出した答えは、皮肉にも“脱ジーンズ”である。

業界2位のマックハウスは、アウトドアやスポーツ向け衣料を強化し、差別化に打って出た。ジーンズメイトもアニメキャラクター商品の投入や、女性向けファンシー雑貨店など新業態を開発している。今や本丸のジーンズ店ですら、店舗の前にはジーンズ以外の商品が多い。

 

 

それでも、売上高の3割程度をジーンズが占める専門店にとっては、本業の販売不振が底を打たなければ、新事業への軍資金を捻出することもままならなくなる。

次ページこの先のジーンズ業界を待ち受けるシナリオとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT