出口なきジーンズ苦境、狙われる会社はどこだ

レギンスブームも痛打、縮み上がる市場

出口なきジーンズ苦境、狙われる会社はどこだ

昨年12月。東京株式市場では、ジーンズ専門店の株価が急騰していた。とりわけジーンズメイト株は、12月10日から14日にかけて3日連続ストップ高となり、198円から408円までハネ上がった。今年1月25日にも東証1部銘柄中、株価上昇率でトップになった。

とはいえ何か同社に特別な材料があったわけではない。ジーンズメイトの時価総額は38億円。理論上は13億円も出せば、株主総会で特別決議を否決できる、3分の1超の株を取得できる計算だ。「大量保有報告書が提出されるのでは」(幹部)と社内では戦々恐々と身構えている。

流通大手の激安品参入 レギンスブームも痛手

 市場での株価上昇とは裏腹に、ジーンズ専門店は目下、苦境の真っただ中にある。最大手のライトオンは2010年8月期に創業来初の最終赤字に転落した。マックハウスやジーンズメイトも、11年2月期は2期連続の営業赤字となりそうだ。

確かにデフレ不況が続く中、衣料品業界はおおむね厳しい。が、ユニクロやしまむら、ポイントなど、一時的な波はあれ、堅調な企業も一方では存在する。「カジュアル色の強い服の割合を増やせば、売り上げが稼げる」とある中堅衣料専門店の幹部が語るように、カジュアル専門店は比較的順調と言えるだろう。

だがジーンズは別である。ライトオンでは08年11月以降、既存店売上高の前年割れが続き、2割以上下回る月も珍しくない。07年8月期に1066億円あった売上高は、10年8月期には869億円に落ち込んだ。大手3社はみな同様に深刻だ。

 

次ページなぜジーンズが目立って縮小するのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT