出口なきジーンズ苦境、狙われる会社はどこだ

レギンスブームも痛打、縮み上がる市場

ジーンズ業界に詳しい繊維流通研究会の南充浩氏は「トレンドを逃したジーンズでは次のブームは3~5年先」と分析する。リーバイ・ストラウス・ジャパンも11年11月期は前期並みの21億円の営業赤字予想。昨年に日本国内から香港へ集約したばかりの商品企画部門を、さらに本国の米国へ移すことを検討している。縮小する日本市場の重要度が薄れたのは間違いない。

もはや自力再建は困難か 市場では「割安」銘柄

この先業界にはどんなシナリオが待っているのか。最も動向が注目されているのは、ジーンズメイトだ。07年2月期に107億円超まで積み上がった利益剰余金はすでに50億円を切った。昨年11月に社員の3分の1に相当する109人の早期退職を実施。売りだった24時間店舗も営業時間を短縮し始めている。このまま赤字が続けば、いずれ資金不足が顕在化してもおかしくない。

 もっとも現金流出はあったものの、過去からの“蓄積”で、同社の自己資本比率は79%と依然高い。都心の駅近くに多い店舗は、売り場面積が80坪程度と狭いが、立地のよさは魅力的だ。PBR(株価純資産倍率)が0・5倍を下回ることから、「割安」の同社株が狙われたのは容易に想像できる。

本業での浮上策が見いだせないジーンズメイトに対し、業界では「自力再建は難しいのでは」との声も出始めた。同業以外にチヨダのような靴専業店も含め、提携や合併などがいつあってもおかしくはない。突然の株価暴騰は業界再編ののろし、との憶測は消えない。

(鈴木良英 =週刊東洋経済2011年2月11日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT