北海道~九州まで「GW安く旅する」具体的な方法 「北海道全線乗り放題が1日あたり2000円」など

印刷
A
A
GW直前でも、格安で利用できる旅行商品を紹介します(写真:JADE/PIXTA)

JTBが2022年3月下旬に行った旅行動向のアンケートによれば、2022年のゴールデンウィークに予想される国内旅行者数は2021年から68.4%増の約1600万人だという。コロナ前の2019年との対比では約67%にとどまっているとはいえ、ようやく観光需要も本格的な復調に戻りつつあるようだ。

旅行業界としてはうれしいことだが、利用者目線でみれば、より混雑し、金額も高くなることを意味する。さらに都道府県割やブロック割もゴールデンウィーク中は適用されない。繁忙期なので仕方がないという見方もあるが、探せばゴールデンウィーク中も適用される割引プランや、通常と変わりない金額で利用できるものもある。そこでGW直前でも、格安で利用できる旅行商品を紹介してみたい。

なお、すべて4月25日の執筆時点の情報だ。利用する場合は最新の情報をインターネットなどで調べてほしい。また、利用期間と予約期間が異なる場合もあるので注意が必要だ。

JR北海道&JRバスがお得

① 北海道の在来線全線乗り放題が1日あたり2000円!?

JRの乗り放題パスなどの多くが、ゴールデンウィークは適用外となる。だが、JR北海道が期間限定で販売している「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」は、連休中もすべて適用となる。これは連続する6日間、JR北海道の在来線全線とJRバスの全線(一部路線を除く)が特急も含めて乗り放題となるパスだ。

金額は1万2000円(子ども料金の設定はない)だ。特急にも乗れて1日あたり2000円は、青春18きっぷよりもはるかに安く、破格といえる。これは、北海道が「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」という名目で金額の50%を補助していることによるものだ。

事前の予約などは不要。ただしJR北海道の主な駅で利用開始前日までの購入が条件なので、利用前日には北海道入りして、駅の券売機などできっぷを購入しておく必要がある。利用期間は6月30日までだが、発売数が上限に達した場合、期間中でも販売終了となるが、GW中は販売している公算が高い。

次ページJR四国でも…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT