NY在住の禅僧が説く「心がスッと軽くなる方法」 「悩みが尽きない」のは人として当たり前の事だ

印刷
A
A
不安で重苦しい気持ちが「スッと消える」方法を紹介します(写真:マハロ/PIXTA)
お金や健康、人間関係の悩み、それに加えて感染症、不景気、戦争……。自分では変えることができない状況に置かれ、不安で落ち着かない気分を抱えたまま毎日を過ごしている人が増えています。NY在住の禅僧、松原正樹氏の著書『心配ごとや不安が消える「心の整理術」を1冊にまとめてみた』から、重苦しい気持ちが「うそのようにスッと消える」方法をご紹介します。

「悩みが尽きない」の当たり前のこと

いつ終わるともしれないコロナ禍。本当に起きてしまったウクライナ紛争。ニュースを見るたびに不安がかきたてられる──いま、私たちは平穏とはいえない生活を強いられています。

でも、いろいろなことに悩んでしまうのは至極当たり前です。

仮に感染症の恐怖がなくても、紛争が起きていなくても、人は生きているかぎり、今、起きている問題やこれから起きるかもしれない問題を不安に思い、悩んでしまう生き物だからです。たとえば、あなた自身やあなたの家族の健康状態、お金のこと、職場やご近所との人間関係……。人はいつも何かに悩んでいます。

不安になること、心配すること、悩むこと。これは人が生きのびるために身につけた「自己防衛能力」「危機管理能力」がなせる性質だと、私は考えています。

ただ、やはり、あまりにこの性質が強く働くと、あれやこれやと心配しすぎて、生きることがとても苦しくなってしまいます。

たとえば「老後のお金が心配だ」と悩んでいるとします。今できることは何かを考えてみてください。将来的に必要な金額を計算してみる、月々いくら積み立てるなど、ささやかでも対処できることはあります。何かしらの方策が打てる心配ごとは、具体的解決のための行動をとることで心がラクになります。

けれども、実際のところ、心配ごとや不安の大半は、

「いろいろ備えているけど、やっぱり心配」

「ぼんやりした不安に、いつもとらわれている」

といったものが多いのでは。

あなたを悩ませている心配ごとは、すぐに解決できるものでしょうか?

あなたの不安は、なくすことができるのでしょうか?

次ページ「心配という感情」を手放すことはできる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT