岡山の「高卒」男子、「商社マン」になる

居酒屋バイトから一念発起、今はインド勤務

常盤:たしか金額は 2人合わせて4000円程度でした。日本人からすると大した金額ではありませんが、彼の月収は約2万円です。僕の給与の額を知っているにもかかわらず、「俺がいつか日本に行ったときはごちそうしてくれよ」とおごってくれたんです。これは些細なことかもしれません。しかし、実のところ、これがインドで働こうと決めた理由のひとつでもあります。

今後も、さまざまな分野、レベルで、日本とインドの交流が進んでいけばと思っています。

インタビューを終えて

常盤さんには、いわゆる「社会的ステータス」はなかったかもしれないが、自ら懸命に考え、努力をし、一つひとつステップを上がっていき、目標を達成してきた。現状に満足をせず、つねに向上心を持ちながら学び続けていく、そんな強い意志を感じる。

現地採用されて飛び込む現場は、なかなか骨の折れる、厳しい場所だろう。それもあってか、多くの人が、自分なんて海外で働けない、と決め付けているのが現在の日本だ。しかし、後ろ盾がなくても、自らの道を切り開くことができるということを、常盤さんは証明してくれた。ぜひとも、彼の後に続き、「綺麗」な学歴がなかろうと、意志を持って、海外へ出て行く若き日本人が増えてほしいと願っている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。