岡山の「高卒」男子、「商社マン」になる

居酒屋バイトから一念発起、今はインド勤務

常盤:たしか金額は 2人合わせて4000円程度でした。日本人からすると大した金額ではありませんが、彼の月収は約2万円です。僕の給与の額を知っているにもかかわらず、「俺がいつか日本に行ったときはごちそうしてくれよ」とおごってくれたんです。これは些細なことかもしれません。しかし、実のところ、これがインドで働こうと決めた理由のひとつでもあります。

今後も、さまざまな分野、レベルで、日本とインドの交流が進んでいけばと思っています。

インタビューを終えて

常盤さんには、いわゆる「社会的ステータス」はなかったかもしれないが、自ら懸命に考え、努力をし、一つひとつステップを上がっていき、目標を達成してきた。現状に満足をせず、つねに向上心を持ちながら学び続けていく、そんな強い意志を感じる。

現地採用されて飛び込む現場は、なかなか骨の折れる、厳しい場所だろう。それもあってか、多くの人が、自分なんて海外で働けない、と決め付けているのが現在の日本だ。しかし、後ろ盾がなくても、自らの道を切り開くことができるということを、常盤さんは証明してくれた。ぜひとも、彼の後に続き、「綺麗」な学歴がなかろうと、意志を持って、海外へ出て行く若き日本人が増えてほしいと願っている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT