「BEV専業メーカー宣言」でボルボはどうなる? ボルボ日本法人社長に聞いた国内戦略と課題

拡大
縮小

フロントマスクは「XC40」に似るが、フロントグリルにカバー付きのグリルフレームを採用し、エンジンへの空冷効果が必要ないBEVらしさを強調する。

インテリアは、ひとめでボルボとわかるデザインテイストだ。ダッシュボードは形状こそXC40と同じだが、助手席前やドアにつくパネルは専用のデザインで、スウェーデンのアビスコ国立公園の地形図をモチーフとしたものだという。

ルーフは固定式のパノラマルーフだ。さらに、ステアリングやシートなど各所で本革を使用しない、初めてのレザーフリーのボルボ車とし、SDGsに対する企業精神を示す。以後、ボルボのBEVは、すべてレザーフリーになるという。

試乗車は、先行導入されていた前後にモーターを持つAWDの「C40 Recharge TWIN」だ。

横浜みなとみらい地区にて。フィヨルドブルーのボディカラーはC40 Recharge専用色(筆者撮影)

モーターは最高出力300kW/最大トルク660Nm。加速性能は、停止状態から時速100kmまでわずか4.7秒。本格的なスポーツカーも顔負けの加速力だ。このスペックを見ると、走り出す前に少し身構えてしまうかもしれない。

だが、実際の走り味は“グイグイくる”パワフルというイメージではなく、スッキリとして透明感がある心地良さが優先する印象だ。重量500kgに達する電気容量78kWhのバッテリーパックによる重さも感じさせない。

アクセルペダルのON/OFFで加減速のコントロールができるワンペダル機能がつくが、このワンペダルによる回生力もしっかり利き、市街地ドライブのリズムもつかみやすかった。満充電での航続距離はWLTCモードで485kmを確保し、価格は699万円台だ。

599万円のシングルモーター仕様も追加

さらに、今回は試乗できなかったが、フロント駆動で最高出力170kW/最大トルク330Nm、バッテリーの電気容量69kWhの「C40 Recharge Plus Single Motor」もラインナップに加わった。

価格は599万円とTWINよりも100万円安く設定し、普及を図る。ドイツ車や日系メーカー各社の競合モデルを意識した、性能、装備、そして価格設定だといえるだろう。

果たして、2022年は日本で本格的なEV普及元年となるだろうか。ボルボのBEV新事業を含めた、各メーカーの動きをこれからもしっかり追っていきたい。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT