副社長3月退任、日立「鉄道ビジネス」立役者の足跡 英国高速鉄道とM&Aで成長、世界大手に比肩

印刷
A
A

2021年8月には、フランスの防衛・航空宇宙大手タレス社の交通システム事業を買収すると発表した。詳細を詰めた上で2022年度後半に契約締結となる。「長年にわたって買収したいと考えていた」とドーマー氏が言うほど、タレスの鉄道信号システムは世界的にも評価が高い。2020年度におけるタレスの交通システム事業の売上高は16.1億ユーロ(約2195億円)。買収による規模拡大により各国の独占禁止法に抵触する可能性があれば重複分野は買収の対象から外れるため、タレスの交通システム事業がそのまま日立の売上に単純にプラスされると決まったわけではないが、日立の業容拡大には大きな弾みとなる。

さらに同年12月にはロンドンからバーミンガム、さらにその先のマンチェスターやリーズまで結ぶ高速鉄道路線「ハイスピード2(HS2)」向け車両の製造と保守をアルストムと共同で受注した。これも総額19億7000万ポンド(約3157億円)の大型プロジェクトだ。一方で、同月には、アルストムが保有する高速鉄道車両プラットフォームに関わる関連資産などを取得することを決めている。これによって日立の高速鉄道車両のラインナップが拡大し、さらなる案件獲得の後押しとなる。

ドーマー氏、今後の道は?

このように2021年は将来の規模拡大の布石がいくつも打たれた年であった。しかし、ドーマー氏はそれを見届けることなく、2022年3月31日付で日立の副社長の職を辞した。バー氏は引き続き鉄道ビジネスユニットのCEOを務める。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

4月以降、ドーマー氏は日立の欧州における地域統括会社、日立ヨーロッパ取締役会長にとどまるため、日立との縁が切れるわけではない。ただ、日立広報によればドーマー氏の仕事は、文字通り取締役会の会長職であり、これまでのように鉄道ビジネスを直接指揮することはないという。

ドーマー氏はまだ58歳。脂の乗り切った年齢だ。日立ヨーロッパ取締役会の会長が役不足とは言わないが、ドーマー氏の鉄道ビジネスにおける経営手腕が存分に生かされるポジションではない。このままキャリアを終えるのか。それとも将来、日立あるいは競合他社で再び鉄道ビジネスに関わる可能性があるのか。今後の去就には要注目だ。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT