定年格差 勝ち組シニアと負け組シニア

印刷
A
A

「45歳定年」が提唱されると一部では猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用延長が今春スタートした。 老後も働くシニアが勝ち残るためにすべきことは何か。

止まらない高齢化、働くシニアの「今」

会社は45歳定年にして、個人は会社に頼らない仕組みが必要だ──。9月上旬に経済同友会が開催した夏季セミナー。新浪剛史・サントリーホールディングス社長が発した問題提起は、世間で大きな反発を生んだ。

「要はリストラではないか」など批判も多かったせいか、サントリーもこの件での取材には応じず、新浪発言の真意は想像するほかない。ただ、個人が65歳まで働くことを考えたとき、セカンドキャリアを築くため45歳前後で一度区切りをつけるのは、あながち間違っていると言い切れない。

(撮影:梅谷秀司)

特集「定年格差」の他の記事を読む

何より少子高齢化の進行で、働き手とされる生産年齢人口(15~64歳)は1995年をピークに、どんどん縮小(下図①)。人手不足は深刻で、女性や高齢者、外国人を労働力として取り込まない限り、日本経済の成長はない。男女とも平均寿命は80代に達し(下図②)、長い老後をいかに経済的に支えるかが課題になる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
定年格差
インタビュー/ノジマ社長 野島廣司
同一労働同一賃金の衝撃度
“車内で待機"から「スーパー顧問」まで
キャリア形成か、「好きを仕事に」か
FIREのように派手でなくていい
異論反論|社員の成長のために可視化せよ
脱・“働かないおじさん"
職務以外はやらなくていい?
インタビュー/日本中国友好協会会長・伊藤忠商事名誉理事 丹羽 宇一郎
早期定年制度の導入は是か非か|懐疑派
早期定年制度の導入は是か非か|容認派
逃げ遅れた人、逃げ切れた人
「定年が来た!」7000人アンケート
Q&Aここが変わった!
インタビュー/YKK会長 猿丸雅之
「70歳まで現役」時代が来る
働き続けるのもいいけど、年金はどうなる?
定年格差
勝ち組シニアと負け組シニア
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内