有料会員限定

道は開ける!元エリートたちの「奮闘」 「70歳まで現役」時代が来る

印刷
A
A

保険や広告、人材サービス業界でミドルシニアの再活用が始まった。

ケーススタディー1|東京海上日動火災保険
社内公募にチャレンジ
25年の経験が生きる

「自分が成長することと社会に貢献することを同時に満たすのは仕事しかない」

そう考えて、会社の公募に応じ「シニアお役に立ちたい」制度を利用、定年以降も働くことを選択したのが、東京海上日動火災保険の須賀泰夫さん(60)だ。

2021年4月から、本店損害サービス第一部火災新種損害サービス室で推進役として、「税理士職業賠償責任保険」に関わる保険金の支払業務に従事している。同保険は、税理士が税務申告の手続き上のミスで企業から損害賠償請求を受けた場合、その損失を補塡する商品だ。約5000人の税理士を須賀さんは“万が一”の場合にサポートしている。 

須賀さんは20年4月に定年を直前にして、首都圏の複数の部署が60歳以上のシニアを募集しているのを知った。どんな仕事があるのか見ると、うち1つは専門職業人賠償責任保険とある。医師や弁護士、税理士など専門性の高い職業の人が対象で、新種保険の領域だ。

35年間の会社人生のうち25年間は、保険契約者が事故や災害に遭った場合の対応や保険金の支払いを行う、損害サービス部門に所属していた。新制度では「自分の経験を生かし役に立てる」と考えて応募。定年後に新しいキャリアをスタートさせた。

現在は再雇用社員として週5日、9時から17時まで勤務。「残業の続いた時代からは考えられないが、規則正しい生活が送れて心と体の健康にいい。好きな税務や財務の勉強もできる」(須賀さん)。

新種保険の支払業務を行う須賀さん。公募に応じる人はまだ少数だ(撮影:尾形文繁)

特集「定年格差」の他の記事を読む

マインドセットが重要

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
定年格差
インタビュー/ノジマ社長 野島廣司
同一労働同一賃金の衝撃度
“車内で待機"から「スーパー顧問」まで
キャリア形成か、「好きを仕事に」か
FIREのように派手でなくていい
異論反論|社員の成長のために可視化せよ
脱・“働かないおじさん"
職務以外はやらなくていい?
インタビュー/日本中国友好協会会長・伊藤忠商事名誉理事 丹羽 宇一郎
早期定年制度の導入は是か非か|懐疑派
早期定年制度の導入は是か非か|容認派
逃げ遅れた人、逃げ切れた人
「定年が来た!」7000人アンケート
Q&Aここが変わった!
インタビュー/YKK会長 猿丸雅之
「70歳まで現役」時代が来る
働き続けるのもいいけど、年金はどうなる?
定年格差
勝ち組シニアと負け組シニア
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内